Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2015年04月

今年初めての釣りも、良かったのは天気だけ!?

2015042601今年初めての釣りに出掛けた。
天気も良いし風も波も無い、絶好の釣り日和となった。

今回は、今釣れているから行く・・・・筋合いのものでは無く、先日作業した船のペンキ塗り具合を確認する意味合いが強かったようだ。
ようだ!と言うのは、先日のペンキ塗りは遺憾ながら吾輩を除く3人で作業したと言っていたから・・・・。

さて、そのドライブ(船の場合も?)がてらの釣りでも、田代島近辺まで行って釣る事への期待があった・・・・かどうか分からないが、みんな青イソメ500円ぶんずつ準備してやる気十分だった。
3人で500円分あれば足りるんじゃないか?」と毎回余すエサを皮肉ってやるが、やっぱり万が一の大漁を考え十分な量を持たないと不安なんだろうなぁ、釣り師としては・・・・。

吾輩は、田代島や網地島近辺なら岩場で釣る事もあろうかと、テンヤ(オーバルテンヤ)を持って行った。
エサは昨年最後の船釣りで乗船した『みなとや丸』から五目テンヤの餌として配布された冷凍エビで、冷凍庫でカラカラになっていて処分しなければと思っていたブツである。だから、吾輩のエサ代はただみたいなものだ。

出航してすぐ、万石浦で作業していた網元の船頭(船の係留場所管理者?)から、「大謀網の沖側で、ナメタガレイやマコガレイが釣れている・・・・」との情報を仕入れたからさぁ大変!。

一路田代島近辺の大謀網を目指した利美丸の船長。
2015042602
だが・・・・しかし・・・・but・・・・。

穏やかな海の上をいくら探し回っても肝心の大謀網が見つからないではないか。
素人船長だからもう少し詳しく教えて貰えばよかったのに、うろ覚えで操縦するからこうなってしまうのだ。

まぁいつもの事だけど、結局適当な場所でパラシュートアンカーを使って竿を出す事になったが、海底が砂地だったにも拘わらず釣れたのはアイナメばっかり・・・・。
30〜42cmを3匹釣った吾輩の他、従弟2匹、タケチャンマン1匹、中村くん3匹だった。

それからいろいろ移動してみたものの、釣れたのは朝一のその場所だけだった。
13:30納竿。

次回は5月3日の予定。

今年のシーズンインは少し早いのでは・・・・

5月16日の青森・真鯛釣り遠征日が1ヶ月を切った。

昨年11月以来およそ半年ぶりに再会するメンバー同士のメールが飛び交う時期到来だ。

今年の初陣は、伊達藩真鯛倶楽部から9人のAPT(※ANPONTAN?)が乗り込む手筈になっていて、津軽藩の3名と合わせた12人が2艘に別れて竿を出す事になっている。

いつも5月中旬に計画される最初の遠征は、平舘方面での真鯛釣りが5月初めがシーズンインだから・・・・と聞いていたが、どうも今年は少し時期が早まっているのではないだろうか?。

そう!、真鯛が釣れ始める時期が・・・・。

地元の遊漁船のHPを紐解いて見ても、過去と比較して2週間ほど早い感じがするのだ。

平舘・石崎漁港の『たか丸』も、『鯛多ニック』もすでに船中2桁オーバーの釣果を記録しているようだし、我々が乗る予定の『ブルーウッズ』も回航してすぐの試験釣行で大漁だったと言うのだから・・・・。

まぁ、だからと言って、我々もすぐその恩恵を受けられるはずもなくただ指を咥えて諦めるしかないが、出来ればその時まで大鯛が群がっていてほしいよ。

毎年、「昨日まで釣れていたのに・・・・」が我々のジンクスになっているが、今年こそジンクスを打破してクーラー満タンで帰宅したい思いは強い。

あぁ〜ぁ、それにしても待ち遠しいなぁ!。

乗せてもらう身だから・・・・

従弟の船(プレジャーボート)が係留されている石巻・万石浦まで出掛けた。

今年が船の検査に当る為、船底の塗装を塗り替える必要があるから手伝って欲しいと言われていたからだ。

潮の干満差を利用して船を陸に上げ、底に着いた貝殻を除去する作業だと聞いた。

大潮じゃないと出来ない作業だから、雨が降っても決行!」とか・・・・。

まぁそんな事言われたって、夕べの雷雨を考えると雨の時は関わりたくないのが本音だ。

でも、暗黙ながら「手伝わないと、乗せてあげないよ!」と脅しを受けたのではとても断わり切れなかった。

間もなく訪れる釣りシーズンに入れば、ただ、つまり無料で何度か船に乗せてもらう身だからなぁ。

『満潮時に船を砂場に寄せてウィンチで引き揚げ、ジャッキで持ち上げてサンダルを組んで固定し、作業終了後、次の満潮時に船を海に戻す。』

ほとんどの作業が今日中に終わる予定だった。

しかし、「大潮だから雨の中でも作業する・・・・」と、日にちまで指定されてやって来たのに作業は出来なかった。

誰が勘違いしたのか分からないけど、この日は大潮じゃなく中潮だったからだ。

つまり、満潮時に海面の高さが予定の高さ(船を陸に揚げる高さ)まで上がらないからと作業に掛かれなかったのである。

手伝ってくれるはずだった近くの網元の船頭が動かないのではどうする事も出来ず、「わざわざ時間を潰して出掛けたのに・・・・」と、従弟に文句の一つも言いたかったが残念だけど出来なかった。

そう、やっぱりただで乗せてもらう身の吾輩としては・・・。

朝からの雨で中止が心配された野球観戦!

20150411001

幼稚園の関係でチケットが500円で手に入るから・・・・」と娘から誘われていた野球観戦。

朝からウォーキングが中止になるほどの雨が降っていたので、開催を危ぶんだ吾輩とカミさんだが・・・・。

小雨ではあるが、球団から中止発表が出ないからと天候の回復を願いつつJRで球場へ向かった。

そしたら何と!我が家と直線距離で僅か7,8kmしか離れていないのに、球場周辺の道路は乾いていたではないか。

雨合羽、折りたたみ傘・・・・、リュックに一杯詰め込んで持って行ったのに・・・・。

球場入り口のグッズショップ前で待ち合わせた娘と孫と落ち合いチケットを受け取る。

500円のチケットだからてっきり外野席だと思っていたら、3塁側に新しく新設されたスタンド席だった。

最上部なので眺めとしては最高だが、初めて経験したアングルに少々違和感を感じた。

要するに、フライが上がっても、内野フライなのか外野フライか全然分からない場所なのだから・・・・。

さて、開幕から1勝5敗と大きく負け越した我がイーグルスだが、ここにきて引き分けを挟んで3連勝と好調だ!。

今日は、エースの則本が先発だから最下位のオリックスを叩いて勝率5割確定!を目論む吾輩。

しかし、そうは問屋が卸さず・・・・。

期待したエースの則本が打ち込まれ、8回裏楽天の攻撃終了時点で1:3と劣勢だった。

敗戦ムードが漂う中、町内会の総会に出席する予定もあったので球場を後にした。

帰宅途中、スマホを見ていた娘が「3:3の同点になっている!」と声を張り上げる。

9回裏にサンチェスが起死回生のホームランを打ったと言う。

開幕から1安打(.077)しか打てなかった、あの駄目助っ人!サンチェスが・・・・である。

ファンとして「やっと打ったか・・・・」とか「やっぱり打ったか・・・・」とか復調の期待を感じ少しホットする。

結局、この試合はエースの負けが消えて引き分けに終わったが、勝ちに匹敵する試合だったと思う。

段々と疎遠になるゴルフかな・・・・

久しぶりにゴルフの練習に出掛けた。

クラブを手にするのは昨年10月28日以来だから、およそ5ヶ月と10日ぶりだった。

春先になると繰り返されるいつもの行事みたいなものだが、こんなに長い間クラブを握らなかったのはあの東日本大震災以来だと思う。

まぁ、歳のせいもあるけど、最近「ゴルフをやりたい!」なんて全然思わなくなったのは、年を重ねるごとにゴルフが疎遠になって来た証しかも知れない。

ただ、ゴルフを完全にやめたわけでは無く、親睦を兼ねたゴルフだけには参加しようと思っている我輩だ。

例えば、町内会のコンペや友人・知人とのプライベートゴルフ等、親睦を図れるものとか・・・・。

そう言う事で、今回、練習に出掛けたのは、今年最初の町内会コンペが近づいたからに他ならない。

練習と言っても、良いスコアを出すため・・・・つまり優勝目指して行ったわけではないよ。

吾輩の場合、してもしなくともあまり変わりは無いが、ドライバーがまともに当たるか?、アイアンがシャンクしないか?等々の不安を払拭するのが目的なのだから・・・・。

つまり、昔、ゴルフをそこそこやっていた経歴を持つ身として、恥ずかしい真似は出来ないって事だ。

一応、気の置けない仲間同士とは言え吾輩にもプライドがあるから・・・・。

じゃ、もっと練習すればいいのでは?」と言われそうだが・・・・。

プライドがある割にはやりたくないんだよねぇ(笑)。

そう、練習する事自体面倒くさくなったのが本音かな・・・・。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ