Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2014年12月

後見制度支援信託・・・・の案内が届いた

先日、家庭裁判所から後見制度支援信託の利用・・・・を含めた封書が届いた。

仝絽人制度支援信託の利用、∪賁膺Δ慮絽人の追加、8絽監督人の選任・・・・などについての意向を問う内容だった。

吾輩が成年後見人をしている母親(本人・被後見人)の預貯金額がそれなりの金額になっているので、裁判所としては搾取や使い込みと言った犯罪が考えられるから、前述の制度を使って適切な管理をしたいと言うことだろうか。

一応、それらの制度について、後見人の意向を問う内容になっているが、いくら信頼できる親族であっても信用できないから、いずれかを選びなさいと強制されている気がするんだけど・・・・。

それぞれの制度にはメリット・デメリットがあって、『これが良い!』と一概に決められるものでも無いようだ。

ただ、内容を見た限りでは、比較的専門職後見人への支払(報酬)が少なくて済む後見人制度支援信託の利用が一番理に適っているように思える。

しかし、後見事務報告書の作成業務を負担と思っていない吾輩からすれば、預貯金がちょっとだけ多いからと言って専門職後見人を追加選任したり後見監督人を追加で選任して、(後見人の)負担軽減を図ると言う意味が理解できないのである。

信託する金額を決めたり預けたりするのにどうして専門職後見人が必要なのか納得いかないし、まして、それぞれ別途に高額な報酬を支払う必要があると言うのでは何を況やである。

信託契約では専門職後見人の報酬の他、契約する信託先にも17〜20万の手数料(報酬?)が掛かるとネットに書いてあったけど、ムムム・・・・としか言いようがありません。

まぁ、報酬は被後見人の財産から出費するのだから別に吾輩が関知するところではないけど、本人の財産を守る主旨から反するようで納得できないのだ。

ただ、親族のみならず専門職を含めた後見人による犯罪(使い込み等)が新聞を賑わすことが多い昨今、裁判所が権限としていろいろ手を打つのはわかるが、これまで長きに亘って管理して来た事実が否定されたようで、やる気が失せて来る。

現在おふくろは満89歳。

12年間後見人として問題なく遂行して来た吾輩の自負から、余命を考慮すると何をいまさらと思うのだが・・・・。

クリスマス

DSCN0831
今夜がクリスマスイブなのだが、昨日一日早く我が家にクリスマスケーキがやって来た。

孫(大翔)の為に、娘の旦那の実家から毎年届けられる大きなケーキ(8号?)だ。

8号ともなると娘家族だけでは食べきれないので、どうしても我々にお相伴して欲しいと持ってくる。

これくらいの大きさだとだいぶ値段が張るだろうなぁ・・・・」等と要らぬ心配しながら、甘党の吾輩はついニンマリしてしまう。

昨夜は夕食後にやって来たが、「甘いものは別腹・・・・」とか言いながら味わったのは当然だ。

「糖尿病の薬を飲んでいると言うのに先が思いやられる・・・・」と誰かが言った気が・・・・。ハクション!。

まぁそれはともかく、我が家ではここ数年この光景は12月23日が恒例となってしまった。

世の働くお父さん方は天皇誕生日のこの日にクリスマスを祝う家庭が多いと聞くが、例に漏れず娘家族も旦那が休みの23日にケーキをいただく事になっていると言う。

日本人からすれば、ハロウィンだってクリスマスだって単なるお祭りの一部でしかないから、日にちがあまり関係ないのは仕方ない事なのだ。

だから、間もなく訪れる吾輩の誕生日も、ついでと言う事で一緒に兼ねられるのだ・・・・よ。

毎日厳しい寒さです。でも雪は積りましぇーん!。

日中の外気温が0℃とか−2℃の寒い日が続いている。

今日も北海道付近では台風並みの低気圧が猛威を振るい、すごい吹雪が吹いているとか・・・・。

全国的にも12月としては驚異的な積雪を記録した所もあり、青森在住・釣り仲間のHPを見ると、暖冬傾向が続いていた近年から昔の時代に戻ったような豪雪地獄?!が垣間見える。

そんな大雪の話題が続く中、同じ東北でも我が家付近はまだ積雪ゼロ・・・・まったく無いと言っても良い。

東京でも雪が舞ったり初氷が張ったりして、全国的に冬型の気圧配置が強まっている昨日今日でも、我が家の辺りはうっすらと白くなっている場所はあるけど、道路にも屋根にもまったく雪が積もっていないのだ。

だから、一昨日に『全国実業団女子駅伝』が全く雪の見えない状況の中で行われたが、テレビを見ていた全国のファンは、果たして東北の仙台で行われていた事を知ってか知らずか・・・・。

昨日の雪の状況。
DSCN0822



AM9:00雪が降りだす。









DSCN0823





AM10:30道路が白くなった。







DSCN0824





PM0:00雪が止んで道路の雪が溶け始め雨模様に。







雪が降らないと困るところもあるようだが雪は厄介物である。

出来れば無い方が良いのは当然だよねぇ。

久しぶりに蕎麦リエ・・・気分に

久しぶりに蕎麦を食べに出掛けた。
カミさんの友達が転居したと言う山形も一案だったが、吾輩の一存で福島に行くことにした。

相馬も原ノ町も、原発がある大熊町や楢葉町も、現役の頃は頻繁に通った所である。
そう!火力発電所を含めた工事の関係で・・・・。
12月6日に常磐道が浪江迄開通していた事もあって、新しい道を走りたい気持ちとついでにその頃食べた蕎麦屋を探して行って見ようと思ったのが理由だった。

仙台港ICから仙台東部道路に乗り相馬ICで下車。
料金は1,930円だった。
岩沼ICから片側1車線になるが、来年3月1日に常磐道が全通した暁には、息子の所へ行くには通行量が少ないこっちの方が走りやすいようだ・・・・と感じたが果たしてどうだろう。

ナビで近くの蕎麦屋を探した。
最初に行った所に店らしきものは何もなくて、工事中で通行止めだった。
津波で店が流されたとしか言いようがない。

すでに13:00近くになっていたので「あまり遠いところもなぁ〜」と、現在地から一番近い蕎麦屋を探し、相馬駅にほど近い『そば・よしとみ』と言う蕎麦屋に入った。
カミさんは天ざる1,080円、吾輩はかも(合鴨)せいろの大盛1,080円を注文した。

食後、海岸線に廻り松川浦近くに住む会社の同僚だった友人の家付近まで行った。
高台にある彼の家は、海がすぐ近くだと言うのに実害がほとんどなかったようでホントに良かった!。
駐車場にプレジャーボートがあったけど、暖かくなったら釣りにでも誘われようかな。
訪ねたかったが、車が見えなかったし「まだ働いて居るだろうから・・・・」と電話しなかった。
常々、「子供がまだ小さいからまだまだ働かないわけには行かない」と言っていたので、多分まだ仕事に就いていると思っているからだ。

別に通行料金が惜しかったわけではないけど、帰りは一般道を経由して帰宅した。
時間がたっぷりあるし、途中のスーパーでの買い物や、震災の被害を目に焼き付けるためにも・・・・。

今年最後の釣行も厳しい釣りに・・・・。寒さもチビシー!

朝の気温が−4℃。
天気は良くて風も吹いていない。
寒さだけだな・・・・と、フリースを1枚追加し寒さに備える。
昨日は用事があって田舎に泊まったのでみんなと一緒に出発する事になったが、風邪気味なのか朝起きた時は喉が痛かった。
7時に万石浦到着。
海に着いて分かった事だが、やはり海上は陸と違って風がある。
いつも静かな万石浦でさえパチャパチャ波が立っていた。
同じ場所に係留されている船はどれも出船した気配が無く、季節外れの感がした。
まぁ、こんな天候の中、魚釣りに出掛けるのは余程の物好きだけだなぁ・・・・と思った。

湾から外海に出たら増々風が強くなった。
とても希望していたポイント(岩場)へ向かう事は無理だった。
近くのカキ養殖棚で作業している船の近くで竿を出す事になったが、前回、全然釣れなかったポイントだった。

岩場であればエビ餌のテンヤでやろうと準備して来たのに・・・・。
実弟のタケチャンマンから青イソメを分けて貰い、カレイ仕掛けで釣ることにした。
カレイ仕掛けは、こういう時の為に先日キャスティングで購入した物だ。
竿はテンヤ真鯛用の竿を使用した。
カレイ釣り用の竿を持っていないのだから仕方なかった。

しばらく竿を出したが餌も取られず魚のいる気配さえまったく感じられなかった。
冷たい北西の風がウインドブレーカーの中にまで入り込み、寒い!。
カイロを出してポケットに突っ込む。
前日に従弟と飲んだ大吟醸のせいで、酔い止め薬を使用しなかった吾輩は船酔い寸前に・・・・。

増々風が強くなり白波が立つようになり、万石浦に戻り湾内の浅場で釣ることになった。
少しでも水深のある場所を探すが風を避ける場所となると2mぐらいの場所しかない。
さらにカキ棚近くは藻が多くてとても釣りづらいものがあった。
それでも「こんなところに魚がいるってか?・・・・」と思いながらも集中していたら、突然手ごたえが・・・・。
前回は黄金色のアイナメ(オス)だったが今回は40cmほどのメスが釣れて来た。

DSCN0821
これが今回の獲物

その後は全然当たりさえ無く、外道のフグも・・・万石浦のハゼさえ釣れなかった。
従弟が30cmのアイナメを釣っただけである。
今回も他の同行者(タケチャンマンN君)はまたもやボーズだった。

いくら物好きだと言っても、さすがにこの寒さ・波を経験したらリベンジは無理だろうから、来年、春まで諦めるしかないよなぁ。
なぁ、みんな・・・・。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ