Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2014年06月

うわっ又か!と、一瞬凍りついた!。

おふくろが入所している施設から電話があった。
深夜、小用の為にベッドから降りる際に転倒したようだ・・・・との話だった。
その時は大した事がなかったので様子を見ていたのだが、今朝になって右肢が痛むと本人が言い出したと言う。
それで、「念のため病院へ連れて行ってX線検査をしたいから立ち会って欲しい・・・・」との事だった。
痛むのは右足大腿部の付け根だと聞き、「うわっ又か!」と一瞬凍りついてしまった。
もう10年前になるが、やはり転倒して同じ個所を骨折し人工骨を入れている事もあり、その骨あるいはその下のもろくなっているあたりが骨折したのでは・・・・と思ったからである。

もし骨折で入院するとなれば、前回と違い88歳の高齢では入院期間の長期化は避けられそうもないし、入所施設が退所扱いとなって追い出されるのが気に掛かった。再入所するのにまたいろいろ面倒くさいからだ。

台車?に載せられてやって来たおふくろは「肢が痛む」と言うものの、殊の外丈夫そうだった。すぐX線検査室に向かう。
そして、X線検査が終了し、カミさんと一緒に担当医師から説明があった。
写真で見る限り骨には異常が無い」と言われた。
多分、打撲による痛みだと思うので、湿布で様子を見て下さい」と付き添って来た施設の介護士に説明していたのを聞き、我々もまずは一安心!。

歩行時の転倒防止については、これまでもだいぶ口酸っぱく施設にお願いしていたのだが、今回のように夜中にベッドから起きだす事まで防いでくれとも言えないし・・・・困ったものだ。

何かいい対策が無いのだろうか?。


ゴルフも偶々(たまたま)やるのが我流・・・・

昨日は町内会のゴルフコンペ。

現役を引退してから、有り余る暇?を持て余すロートル組の集まりなのだが、現役時代は見向きもしなかった町内会の人々との親交を深める意味でも、積極的に参加する様にしている町内会唯一の行事である。

今回参加した15名のハッキリした年齢はわからないが、高齢者であることは間違いなく、吾輩の適当な計算によると平均年齢≒67歳?!にもなるようだ。

まぁ、ほとんど昔取った何とか・・・・で、身体が記憶しているから・・・・を頼りに練習なんかしなくともぶっつけ本番で臨む面々ばっかりなのだ。練習に精出してしまうと本番で疲れ切ってしまうから?・・・・ってか。
ゴルフ命!の達人!も居ないわけではないが、親睦第一が目的だからスコアにはまるで関心がない人たちも多い。

吾輩も「スコアには関心なし・・・・」の一人である。それでも80歳を超える御大にグロスで敗けるとちょっぴり悔しいものがある。彼がゴールドマークを使用してのスコアなら少しは納得できるけど、レギュラーティーから一緒に打って負けるのだから自分に腹立つのだ。

いくら飛ばなくても飛ばさなくとも、確実に寄せが出来てパットが上手いのだから、技術力の違いが歴然・・・・と認めるのは簡単だけど、それでも80過ぎのお年寄り(自分の事は棚に上げて・・・・)に負けるのは悔しい、いや恥ずかしい限りである。

でも、それはそれ!。
いくら負けず嫌いの自分でも、だからと言って(負けたくない一心で)ゴルフにのめり込む事はまず考えられないなぁ。
今となっては吾輩にとってゴルフは趣味の一環でしかないのだから、付き合い程度に偶々(たまたま)やるのが我流!。

青森・真鯛釣り遠征。いつもの釣れないパターンに・・・・。

21日は今年2回目の真鯛釣りで青森・平舘に行って来た。
吾輩の釣果は55cmが1枚だけ・・・・。
平舘では今週ずっと爆釣が続いていたから、今回は絶対大漁間違いなし!と期待していただけに残念な結果に終わった。
55〜65cmの真鯛が船中5人で5枚しか釣れず、そのうち2人はボーズだった。
みんなの皮算用では、朝から入れ食いで、クーラーに入りきれないくらい釣れる筈だったのだが・・・・。
それほど平舘沖では前の日まで連日どの船も釣れていたから、まさか今日に限ってこんな事になるとは・・・・。

しかし、どうして我々が遠征するとぱったりと釣れなくなるんだろう?。
昨日まで釣れていたのに・・・・」との言い訳をこれまで何度聞いた事か。
まるでパターン化されたように繰り返されるのはどうして?。誰かに教えてもらいたいよ。
まさか、仲間内(自分も含めて)に厄病神がいる・・・・・などと口が裂けても言えないが、そんな不謹慎な思いも湧き上がろうと言うものだ。

まぁ、釣りも運・不運があるし、天候・海況・遊漁船の選択等々・・・・すべての巡り会わせが悪いからとは思うが、いつか必ずクーラーが満タンになるほど釣ってみたい願望は持ち続け鯛、ウン?。

次回は陸奥湾で2日連荘でチャレンジする予定だ。
果たして35リットルのクーラーでホントに大丈夫なのか?と早くも心配の声が上がっているが、まぁ、多分大丈夫だろう・・・・と自信を持って言いたい。
いつものパターンで、また取らぬ狸の何とかになりそうだから・・・絶対!?。hahhaハッ・・・はっ、はぁ〜あ。

20140621bluewood
写真は写真はブルーウッズ提供

釣行記詳細はこちらから




楽天イーグルス、去年の日本ハムの二の舞か?

昨年、日本一の東北楽天イーグルスがもがいている。
昨日現在首位のオリックスから14.5ゲーム差の5位。
最下位の西武とは0.5ゲーム差なので、今日の試合結果によっては最下位転落もありそうだ。

まだペナントレースの40%の道程だから、こんなに差が開いていても優勝の可能性が無いわけは無い・・・と思う反面、まず無理?・・・・の思いも強くなっている。

一昨年パ・リーグを制した日本ハムが一転最下位に沈んだ昨年の二の舞になるのだけは避けて、せめてCSに進出できる3位を狙ってくれればと方針変更を余儀なくされそうな雰囲気である。誠に遺憾だけど・・・・。

こんなに低迷している要因はいろいろ考えられるが、まず何と言っても打てない事に尽きる!。
助っ人のユーキリスや銀次の故障による離脱もあるけど、押しなべてチャンスでヒットが出ないのが歯がゆい!。ピストル打線なんだから、繋がらないと得点力は絶対にアップしないよなぁ!。
チームで唯一ホームランバッターのA・ジョーンズも昨年を上回るペースで打っているけど、試合を決める場面で打てないのでは4番失格だ。思い切って代打専門にしたらどう?。

そして田中マァー君が抜けた影響を如実に物語る投手力の弱さがそれに輪を掛けている。
頑張っているのは2年目の則本ぐらいで、他のローティーションピッチャーが四球から自滅を繰り返す負けパターンばかりでは勝てないのは当然だろう。
もう負けても良いから、松井裕樹をローティーションに組み込んでバンバン投げさせて経験を積ませたらどうなんだ?。

星野監督が腰痛で休養し佐藤義則監督代行が再配している今のチームを見ていると、みんな一生懸命プレーしているように見えても、選手の試合に賭ける情熱が全く伝わってこないんだよね。
先行しても一度逆転されたらそのままずるずる行くパターンが当たり前になっているし・・・・。
昨年日本一まで上り詰めて満足してしまったのだろうか。もう少し来年の年俸を心配しろ!と言いたくなるよ。

それと、まだ実力の違いは多々あるのだろうが、もう過去の名前だけにこだわらずファームで活躍している若手を使うようにしたらどうですか、佐藤監督代行!。

今はレギュラーでも結果が出ないのだから、若手を抜擢して少し長い目で使って見たら良いと思うがなぁ。
1軍に上げても、わずか1度や2度の代打で失敗したからとすぐにファームに逆戻りさせるようでは選手は育ちませんぜ!。使っているうちに銀次2世が出て来るかも知れないのだから・・・・。

吾輩がテレビに釘付けになるくらい奮起して下され!楽天の選手諸君!。頼みますよ!?。

こんな歳になっても子供の遠足前の気分になるもんです!。ハイ!。

今月21日は青森・真鯛遠征の予定が入っている。

先月18日以来となる釣行だが気になるのは天候の事ばかり。

仙台は久しぶりに青空が出たとは言え、梅雨に入ってからずっと低気圧が居座っているせいで不安定な気象状況が続いている。

1ヶ月に一度の真鯛釣りを待つ間、毎日が日曜日の吾輩にはちょっと暇がありすぎるので、久しぶり(4年ぶりになるかな?)に仙台港へ黒鯛釣りに出掛ける算段をして見たけど、この天気では渡船も出られないのだと言う。

青森も例外でなく、ヤマセの影響?で何日も出船中止を余儀なくされていると聞いたが、21日もこの状況が続くのでは・・・・と気になるところだ。

せっかく3ヶ月も前に予約しておいたのに、天候のせいで中止になるのは釣り好きには辛いものがあるから、もう神でも仏でもすがれるものには何でもすがりたいと思う。

さて、青森の釣り仲間情報によると平舘沖の真鯛釣りに変化があるのだとか・・・・。

先週の金曜日の事になるが、かぶら(鯛ラバ)には全然食いつかずほとんど釣れていたのはジグだと言っていた。それも、7,8cmの小さなジグに・・・・。

ベイトの小魚がそれぐらいの大きさなんだろうけど、かと言ってあまり小さいと軽くて早い潮に流されてしまうから、TGジグ(Daiwaタングステンジグ)のような小さくても重い45gとか60gのジグが良いのだとか。

それと、青森ではジグを使う場合、青イソメを付けて釣るのが普通だと思うが、何と!餌を付けなくとも釣果が良いそうである。

我々が出掛ける予定日の21日は、平舘沖の海況がどのように変っているか知る由もないけど、みんなに乗り遅れても恥ずかしいから一応吾輩もTGの45gを一個だけ購入しておいた。上州屋で1,240円・・・・。
ベイトの大きさも考慮し60gも欲しかったが高いからやめた。

DSCN0434
フロントフックはサクサス仕様にしてみた。

今度の釣行の為に、カブラ(鯛ラバ)をメーンにテンヤもテンテンもそしてジグ(28g〜120g)などいろいろ準備してみたけど、やっぱりその日の状況を見ながら使う事になりそうだなぁ。

いろいろ仕掛けを考案したり改良したり・・・朝から道具箱を引っ張り出していじっている吾輩としては、自作品の成果を試したくてうずうずしている毎日が続いている。

もう待ち遠しくて、当分は子供の遠足前の気分が続きそうでR。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ