Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2011年12月

来年はきっといい年になる・・・・・と思って大晦日!

今日は20011年の大晦日、12月31日である。

東日本大震災に見舞われた2011年がまもなく暮れようとしている。

寒さ厳しい中にも、穏やかな天候に恵まれたここ仙台は今年も雪の無い新年を迎えられそうだが、今年を総括すると、我が人生最大の試練の年でもあった。

そう、あの未曾有の大地震(M9.0)があったからだ。

あの3・11に発生した最大震度7の大地震。そして牙をむいた大津波・・・・・、原発事故。

東北地方、なかでも岩手、宮城、福島では大津波による甚大な被害に見舞われた。犠牲にならずとも原発事故により避難を余儀なくしている人々は数万人にものぼる。

我が配偶者のおふくろも津波で帰らぬ人となった一人である。自然の猛威とは言え全く残念と言うしか無い。

その関係で、玄関にお飾りを飾り神棚にもいろいろお供えをして新しい年を迎えるのが常なのに、今年はそうした事を一切しなかったから寂しい年越しになりそうだ。

震災で壊れた神棚もそのままだし、大鯛が釣れなかったのは大黒様の怒り?のせい・・・・等と思う我輩を笑わば笑ってほしい。

いづれ喪が明けた暁には元通りに・・・・と考えているのだが、それが終って初めて、(吾輩的には)復旧・復興と言えるのかも知れないなぁ。

今年はおふくろを田舎に連れて行くのを止めた。年末から正月に掛けて田舎で一緒に過ごす永年に亘る恒例の行事である。

正月くらい我が家でゆったりしたい・・・・」と言うカミさんの願望を聞き入れたのももちろんだが、ホントの要因は正月帰省中に救急車を要請した騒ぎから始まり、3月に大震災に見舞われたりとホントに大変な一年だった事を忘れる為にも少し気分転換しなければ・・・・と考えたからである。

まぁ、2日夕方から4日に掛け田舎に行くつもりなので、またいつもの生活に戻る気がしないわけでもないが、10数年ぶりに自宅で迎える新年を機に、来年はいい年になって欲しいと心から願ってやまない吾輩なのじゃ。

ご無沙汰してました

昨年6月にプレーしたのが最後だから、彼らとゴルフをやらない期間がもう1年半以上になった。

毎年真冬の1月を除く奇数月(3,5,7,9,11月)に行なって来たFANKぃ倶楽部ANKぃ倶楽部は、昨年の6月(5月の代替)にプレーしたのが39回目だった。

およそ8年以上に亘ってゴルフによる親交を深めてきた3人(当初は4人)だったが、N氏が腰痛でリタイアした事で7月の40回目、さらに9月、11月と延期されてきた。

昨年暮れの12月に仙台国分町で懇親会を行ない今年3月からの再開を約束していたが、今度は吾輩が3月11日の東日本大震災で被災し、とてもゴルフどころではなくなり今日まで出来なかった・・・・いややれなかったのである。

まぁそんな訳でゴルフが出来なくとも忘年会を兼ねて一杯やろう!と今年も又三人で国分町に集合した。ちょうど1年ぶりの再会である。吾輩にとっては国分町に出かける事も一年振りなのだ。

震災直後にN氏から卓上ガスボンベや孫のミルク、亡くなった義母へのお悔やみなど大そうの貴重品・援助をいただいたのにお礼の挨拶を満足にしていなかった事をまず最初に詫びた。

20111223001-1N氏はわざわざ東京から来てくれた。そう、これまでのゴルフの時もほぼ2ヶ月に一度はこっちに出かけて来ていた。某一部上場企業の役員だからなせる業・・・とは思うが、ホントに仲間冥利に尽きる。

A氏は地元仙台在住。某人材派遣斡旋会社社長である。我々の仲間内では一応?ゴルフ名人と言っている。仲間と言ってもたかが二人だが・・・・。

で、二人とも吾輩より若いのだが一年ぶりに会った彼らの印象は、恰幅が良くなった?と言えばいいのか、薄くなった?と表現すればいいのか・・・・分からない。ただ、何かスケベたらしくなったように感じるが・・・。(あくまでも個人的感想)

年金暮らしの吾輩を思ってか、飲み放題の安い居酒屋、焼肉屋でみんなの自慢話を聞いた。

以前テレビ番組「料理の鉄人」で司会をしていた加賀丈史?は中学・高校の同級生・・・・・だとか、娘が帝国ホテルで結婚式の予定、招待客は原巨人軍監督・・・・。ドバイとシンガポールでゴルフをして来る・・・・などなど。吾輩は孫の自慢ばっかりしか出来なかったのにぃ〜。

みんなと別れてから千鳥やビル3階にある昔なじみの店に行ったら休みだった。もう大分酔いが廻っていたから休みで良かったなぁ・・・・と二日酔いの思考でブログを書いている吾輩である。

みんな、来年はゴルフしような。来年も宜しく。





今年のクリスマスは大きなケーキで・・・・

20111224001ぼく 大翔(やまと)。

一歳と2ヶ月プラス20日になった。

それで、最近やっとよちよち歩けるようになったんだ。5,6歩だけど・・・・・。

今でもぼくをうるかわ君(うるさいけど可愛い・・・・の略)と呼んでいるおじいちゃんとおばあちゃんは、ぼくが歩けるようになったら益々目が話せなくなるんだろうなぁ。

ところで今年のクリスマスケーキはとても大きかったんだ!。なんと12号だって。

いつもだとクリスマスはおじいちゃんの誕生日を兼ねて小さなショートケーキでお祝いするのに、今年はぼくのために特別大きなケーキを用意したようなんだ・・・・。

パパ、ママやおじちゃんも入れて5人で食べたけど、3日かけてやっと食い尽くしたよ。

ぼくはイチゴだけしか食べさせてもらえなかったんだけど、糖尿病の予備軍でもあるおじいちゃんがあんなにいっぱい甘い物を食べて大丈夫なのかなぁ?。とても心配だ。

大好きなおじいちゃん!。健康管理に気をつけるんだよ!。
続きを読む

喪中

12月もあと半月ほどになった。

今年は東日本大震災と言う未曾有の大災害で被災した我が家も何とか落ち着きを取り戻し、余震にびくびくする生活ながら元の生活にもどりつつある。

今年が人生最悪のどん底だったと考えれば、来年は今年以上の良い年が期待できそうだ。絶対に!。

遊ぶ事しか楽しみが無い吾輩にとって今年は震災によるブランクが非常に大きく、昨年計画したほとんどの行事が遂行できなかった。

それを取り返すつもりで遊びまくってやるぞ!。・・・・・来年は。(と、妄想している吾輩だ。)

さて、年末を迎え恒例の年賀状の受付が開始されたが今年は喪中につき年賀状は出しません。

ほとんどの方には欠礼の葉書きを出したが、一部の方に漏れがありそうなのでここに記す。

    喪中につき年末年始の
    ご挨拶はご遠慮申し上げます
      
         義母 小野寺みつゑが3月11日の東日本大震災で被災し83歳で永眠いたしました
         平素のご芳情を厚くお礼申し上げますとともに、皆様によい年が訪れますよう
         お祈りいたします
         来年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
  
                                               タックス
                                               タックスのカミさん

運命ってわからないもんですなっ!

今朝ウオーキングに出ようとしたら、自宅前でいつも(ウオーキングの)途中で出会う1丁目のAさんとばったり出会った。

いつも吾輩の自宅近くに住むBさんと一緒にウオーキングをするAさんとこんな時間(9:00)にあうのは珍しい事である。

いつも、ウオーキングの途中・・・・川向かいの堤防上で挨拶するだけで、それ以外の日中はもちろん出会うこともほとんど無いからだ。名前も知らないし・・・・・。

ただ、Bさんが我が家から直線距離で100m?以内に住んでいて、Aさんは1丁目に住んでいる事だけは知っていた。

だから、なんかの用事でBさんのところに来た帰りだろうと思い挨拶して通り過ぎようとしたらAさんが声を掛けて来た。

最近、見かけなかったと思っていたらこの時間帯から歩くんですか?」とAさん。

6時頃はまだ薄暗いし、寒いから・・・・」とカミさん。

ここ1週間ほど前からウオーキングに出かける時間を朝早く(6時頃)から、食事後の一仕事を終えた9時頃に変更したので、Aさんたちとは顔を合わせていなかったのである。

実は先日、Bさんが亡くなったんです。6時にいつもの酒屋さん前で待っていたら来なかったので自宅に行ったら奥さんから風呂場で死んでいたと聞いた・・・・。まだ68歳だと言うのに・・・・。」とAさん。

そう言えば、けたたましいサイレンを鳴らした消防車が我が家近くで停まった事があった。10日ほど前の朝6時頃の出来事である。火事が出たわけでもないのでただそれだけの関心しか寄せなかったが、あの時にそんな事件が起きていたとは全然知らなかった。

前日も元気な挨拶が返ってきたBさんが急逝するなんてとても信じられない出来事には違いないが、立場を変えると我輩を含め多くの人々に当てはまる・・・とつくづく考えさせられる。

あと何歳まで生きるかは神のみぞ知るところだが、寝たきりで100歳まで生きるより、元気で死ぬまで生きたい?と願う吾輩が、毎日仕事もせずに好きな事をやり続けるのも一理あるってか。・・・うん?。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ