Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2011年10月

禁断の掟破り・・・・ってか?。

金曜日に山形・酒田港へ釣りに行った。

岸壁の防波堤から黒鯛狙いのフカセ釣りだ。

今年は東日本大震災の影響でフカセ釣りを一度もしていないのが不安だったが、そこでは外道として真鯛がつれる事があると言う。

実際、釣り仲間が先週64cmを釣っていた。

真鯛!・・・・と聞けば断る理由は何も無いから、早速OKの返事をして颯爽と酒田北港へ乗り込んだわけだが、結果は惨憺たるものだった。

本命の黒鯛が釣れなくとも、尺アジに近いものを数匹釣ってお土産に出来れば・・・・」等と考えていた吾輩にとって、海はそんなに甘くは無かった。

午前中の潮廻りがいい時間帯に黒鯛を5枚釣った人が居たと聞いたから、我々が竿を出した時間帯の潮廻りが悪かっただけかも知れない。

・・・・がそれにしても全然釣れなかったなぁ。メバルもアジも針に掛かることがなかったのだ。

技術的なものがあるやも知れぬが、これまでの酒田釣行では何がしかの魚が釣れていただけにホントに残念だった。

昼の11時半から夜の9時まで全然当りが無い状況の中でウキを見続ける侘しさと言ったら・・・・。鼻水をすすりつつ思わず年甲斐もなく声が震えてくる。フカセより真鯛釣りにシフトしている自分の姿がはっきりと見えてくる。

そんな思いの真鯛釣りであるが、実は、最近すぐ近くから乗船できて夕方には帰宅できる真鯛釣りの船を見つけてしまった。

最近流行の一つテンヤによる乗合船で、真鯛釣りは9月から始めたと書いてあった。

これまで4回の真鯛釣行はすべて青森・竜飛まで出掛けていただけに、まるで自宅の庭から温泉が噴出したような気分になった。

青森・竜飛までは往復10時間は下らない、ここは15分も掛からずに行けるのだから・・・・。

東日本大震災を機に「今年は太平洋側で釣りをしない」と言う信念を通し続けてきた我輩にとって、ネコにマタタビ状態にされたようなものだ。

駄目だ!駄目だ!と悶々すること一ヶ月余り。

釣り仲間が青森・竜飛に行くのを垂涎の目で見送った吾輩がこの強い誘惑に勝てるはずも無く、とうとう信念を捨てさる決心をする事にした、いやしてしまった。

後日、意志薄弱ながらも堂々?と船の予約オーダーフォームに名前を書き込んだのはもう諦めの心境からである。

釣れればいいなぁ〜。ジャンジャン。

野球シーズン終了!

昨日パ・リーグの2011年レギュラーシーズンが終了した。

まだポストシーズンが残っていて好きなチームが進出する人々は嬉しいだろうが、吾輩にはもう関係ない事なので、後はまた来年の開幕を待つばかりだ。

星野新監督の下、開幕当初は松井稼、岩村の元大リーガーの加入や、岩隈、田中、永井の強力な3本柱を背景に、優勝も狙えるチームと多いに期待した我が東北楽天ゴールデンイーグルスだったが、結果は五位とまったくの期待外れだった。

期待が大きかっただけにファンとしてはホントに残念だったがこれも致し方ないことと潔く諦めるしかない。勝負事なんだから・・・・。昨年日本一のロッテが最下位だったことを思うとまだ救われるけど・・・。

ただ、優勝した福岡ソフトバンクから23.5ゲームも引き離された結果を総括し、来年を見据えた大幅な補強やトレードを実行して、ポストシーズンまで楽しめるチーム作りをしてもらいたい事に変わりは無い。

来年は山崎もいなくなるし岩隈も抜けるかも知れない。だからこそそれに変わる投手、ホームランバッター、外人の助っ人を含む強力な補強が望まれる。メディアではFA宣言した横浜の村田や広島の栗原などに食指を伸ばしていると書いてあるようだが・・・・。

あまり金・・・金・・・金・・・と、金のことばかり心配しているビジネス楽天だから、果たして思うような補強が出来るかどうかは疑問である。ただ、ダイエー・・・いやソフトバンクもそうして強くなって来た事をよく考えてもらいたいよ。

今年の選手の成績を見てみると、田中マー君だけが孤軍奮闘した感があるなぁ。ダルヴィッシュを抑えて最多勝、防御率、勝率の投手3冠に輝いたのはホントに価値がある。素晴らしいピッチャーになった。来年も頼むよ!。

開幕前に宮城県沖を震源とした東日本大震災が発生した。Kスタ宮城球場が被災し選手達は暫らく地元に帰れずジプシー生活をおくった。動揺もあっただろうし、満足な練習(打ち込みや投げ込み)が出来なかったと思う。結果的にそれが五位という結果につながったのは否めないが、それにしても肝心な所で打てなかったし打たれたなぁ。ジャンジャン。

小安峡の紅葉を観に出かけた

20111012008最近どこへも出かけていなかったからドライブがてら栗駒山の紅葉を観に家内と出かけた。

先日の新聞に載っていた写真では、紅葉がもう最盛期だと表現されていたので期待して出かけたわけだが思ったほどではなかった。

山のてっぺんはともかく、この当たりはまだ一寸早すぎの感がした。

まぁ航空写真に比べれば・・・・。道路からの遠望は仕方ない事である。

それでも、ただ家でごろごろしているよりは気分転換になったらしく、カミさんは花より団子でSAや道の駅では買い物に夢中に・・・・。

なかなか自然薯やきのこは街では替えないからこれもまた仕方無い事だ。


20111012kurikoma002

東北道築館ICから一迫、花山方面から栗駒高原、小安峡を目指したわけだが、平日の割りには結構観光客が多かった。やはり日曜・休日は非常に混雑するらしいから正解といえば正解だった。20111012kurikoma004

右の小安峡大墳湯は駐車場から60m下にあって、約300段もの階段を下りたところにある。

階段を下りるという事は、帰りにその分上ることになる。これ鉄則。

吾輩、上りきったところで足元がふらふら!。歳とともに体力不足を痛烈に感じてしまった。

名物の稲庭うどんを食したあと、「さぁ、帰るか」と車に向かったらカミさんがまた階段に向かっているではないか。

腹ごなしにもう一度階段を降りて上るんだと言う。

吾輩はまた帰りの道130kmを運転しなければならないから遠慮したが、ホントにカミさんは健脚だよ!。


一升餅を背負わされて・・・・


2011100402tanhyoubi
ぼく やまと(大翔)。

10月4日に満一歳になったよ。

ママの手作りケーキでお祝いしてもらったんだけど、残念だったのは、風邪気味で39℃もの熱がでて元気が無かったことかなぁ。

おじいちゃん、おばあちゃん、心配かけてごめんね。せっかくの誕生日だったと言うのに・・・・。


20111008001それで、昨日はパパのじいちゃん宅に行ったんだ。

ぼくの1歳の誕生日を祝ってくれると言うので・・・・。

そしたら背負わされたんだ!。

一升餅を・・・・・・・・・・。

昔はともかく、今はあんまりやってくれない家庭が多いらしいからとても珍しい事なんだって。

でも、まだ伝い歩きしかできないぼくなんだけど、そんなに重くはなかったよ。

ちなみに、食い初め用として神棚に備えられた35cmの鯛はおじいちゃんが釣った鯛じゃないからね。おじいちゃんが釣った鯛はもっともっと大きかったんだから・・・・。

20111008003tanjyoukai
このアンパンマンのケーキは6,500円だって!。おばあちゃんありがとう。



真鯛釣りの話

定期的に腰の治療(整体)に通っている接骨院でひょんな事から真鯛釣りの話に・・・・。

最近、青森・竜飛に真鯛つりの遠征に行って来たのが原因かなぁ〜。腰が重くなったのは・・・・。」と吾輩。

真鯛釣りですか?!、私も好きなんですよ。」とK先生(一応先生と呼ばさせてもらいます)。

その後は、満足な治療も受けられず?延々と最後まで真鯛釣りの話になった。整体だけに手取り足とりで・・・。(上手い!座布団一枚!。)

以下、K先生の話概略

私たちは山形の米子漁港から出航するんですよ。定員6人ほどの船です。料金はとてもリーズナブルで宮城県よりずっと安いです。鯛カブラ釣りが主流で、深さは60〜80m。魚影も濃いし外道も結構高級魚が掛かってくるから楽しいですよ。仙台から200kmぐらいですかね。日帰りできます。水曜日(5日)に行く予定しています。塩釜のみなとや釣具店で船の手配してもらうんですよ。青森より近くていいですよ。

だってさ。要検討する価値あり。

次は松島湾での真鯛釣りの話し。みなとや釣具店関連の記事を探していたら、松島湾で真鯛を釣った記事を見つけた。一つテンヤで・・・・。

料金などの詳しい事は松島シーネットのホームページに記述されているが、交通費や時間ロスを考えるとこれも要検討だな。乗船場所が我が家からたった15分程の所にあるんだから・・・。

でも、今年は絶対無理だなぁ〜。今年は仙台湾で竿を出すまいと決めているし、原発事故の影響でまだ時期尚早と思っている家族は大鯛を釣ったって喜んでくれるとは思えないからだ。でも来年は?。

 

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ