Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2011年05月

浮上のきっかけは果たして何なんだ?


開幕した頃は『春の珍事』と呼ぶにふさわしい快進撃に浮かれた我がイーグルスの成績だったが、ここ最近の堕落っぷりはいったい何なんだ?。

貯金を全て食いつぶし、今では借金生活(マイナス4)の5位。それもトップのソフトバンクから9ゲームの差をつけられ、まだ序盤とは言え今後余程の頑張りがないと3位以内に入るのはおろか昨年の二の舞になりそうな勢いである。

先発投手陣の踏ん張りはあっても、リーグ最下位の打率・得点力では勝つことは至難の業で、まして中継ぎ・押さえの投壊が続くのでは・・・・この成績も当たり前?かも知れぬ。

結果だからいろいろ理由はそれぞれあると思うが、監督の指揮能力を含めトータル的な戦力を見るとやっぱり弱い!に尽きる。まったく競り合いに勝てないのだから・・・・。

でも・・・しかし・・・いや・・・。イーグルスはそんなに弱くな〜いのだ。絶対に!。ファン気質としてそう思いたい。たまたま投手陣と打撃陣のバイオリズムが合わないだけなのだと。

そもそも、セ・パ交流戦に入って最初に対戦した巨人戦で抑えのサンチェスがあと一人で勝利と言うところから崩れて勝ち試合を落としたのがケチのつきはじめなのだ。

この試合はカミさんと観戦に行っていたが、それが運の尽きかどうかはともかく、もう少しましな試合をすれば絶対に勝っていた試合なのだ。次の日もそしてその後の試合も含め、3連続セーブに失敗することが無ければ素晴らしい交流戦の立ち上がりだったのだ。

CA3H0035


鉄平も、岩村も、松井稼も・・・・殆ど期待に応えていないし、岩隈もラズナーも故障中の今、チームの戦力が万全でないのは素人の吾輩でも理解できるが、この最悪の状況下、上位に浮上するきっかけはいったい何だろう?。

彼らが復調すれば・・・・は誰でも思うことだ。しかしそれがいつになるかは全く分からない話である。それまで我慢しながら彼らを使い続けるか?。なかなか難しい決断だと思うが、やはりいくら実績があっても成績不振の選手は試合に出さないで、昨日サヨナラ打を打った横川のような若い選手を出して自信をつけさせるのがいいかも知れないなぁ。今は・・・・。

真鯛釣りの準備−Part

初めて挑戦する真鯛釣りの為にいろいろ準備をしている吾輩。そう!暇だったんです。

ここ2週間、毎日届く宅急便の箱・袋etc・・・を眺めては深いため息をつくカミさんを他所に、吾輩の頭の中は寝ても覚めても真鯛、真鯛まだい・・・・・の事ばかり。ホントに自分でも気が引けます・・・。(?)

道具も仕掛けも一から揃え無ければならない為、少しでも安く手に入れようとネットを駆使して探そうとすればパソコンに釘付けになるのは当然で、ついでに真鯛釣りの動画を見て研究?するとつい深夜に及ぶのは致し方ないことでありんすよ。

鯛ラバ一つテンヤジグ・・・などいろいろ集めてみた。でも、果たしてどれが今回の釣り場に合っているか?なんてホントは全然分からないのだ、吾輩的には。津軽海峡は潮が早くて水深がそれなりにあると聞いているので、ただ闇雲に重め(60g前後、MAX90g)の仕掛けを用意して見ただけなのだ。これでホントに釣りになるってか?。

ロッドは安物のテンヤ竿(240cm)を手に入れて満悦していたら、鯛ラバなどのベイジギング用に専門の竿があることを知りネットで仕入れた。Daiwaキャタリナベイジギングである。

リールは黒鯛釣用に持っていたトーナメントISOZ2500LBDトーナメントISOZ3000LBDを使用する事に決めていたが、ドラグ力が4kgしかない事を知り不安が募ったので急遽オークションで中古のセルテートハイパーカスタム2508を手に入れた。カスタムレッドの美品を定価の半額で・・・・。

PEの0.8号と1.0号200mのラインと一つテンヤ用冷凍エビもネットで購入した。船酔い止めの薬(アネロンニスキャップ、セイブ等)も・・・・。

jpgCA3H0044madaisikaeke
      3000LBD            セルテート                仕掛けイロイロ

安いものをちょこちょこっと仕入れたつもりでも結構大きな支出になってしまった。1ピース竿を入れるハードケースも欲しかったがやめたしクーラーもあるもので我慢する事にした。どうせ坊主で帰ってくるような気がするからだが・・・・。(笑)

さてこんな事をほざいている内に、エコギアアクアバグアンツなる物を見つけた。マルキューから出ている餌とワームを融合させたようなハイブリッド疑似餌である。最近人気急上昇中なんだとか。これは真鯛用・・・とは行かないようだが真鯛が釣れなかった場合はロックフィッシュでも狙おうかなぁ〜なんて、一応目新し好きの吾輩が早速取り寄せたゲテモノである。うん?。
と、一人悦に入っていたら何のことは無い、上州屋でも売っていたではないか。知らぬは吾輩ばかりなり・・・。送料でチャラになってしまったぞ。

ec_aqa_bug3_a03_dax


実はこれもhttp://tv.shimano.co.jp/movie/original/tsurikibun_63/ で勉強しただけなんです。
一つテンヤもこのバグアンツも・・・・。須藤船長の飛鷹丸だったし・・・・。

この動画も同じ船長さんかな?。http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/salt_dreamer_004/
と言う訳で、ここ2週間暇(いつもだが・・・・)を見つけて練習した(つもり)のFGノットでリーダーとPEラインを結んだら後は何もすることがなくなった。そう!あとは釣りに行くだけなのだ!。

リフォーム開始・・・・やっと

またまたやっと・・・・であるが、津波で床上浸水の被害を受けた我が家のリフォームが始まった。

まぁ被害を受けたのは我が家だけではないし、我が家に比べればもっともっと甚大な被害に遭われた方が大勢いるのでなかなか手が廻らない事はよく分かっていたけど、思いのほか早く作業に着手してくれた事を素直に喜びたい。

しかし、かと言って大工が来たから万々歳と言うわけでもなさそうだ。他の設備業者や機材納入業者が一緒にやらないといつまでも完成しない状況では大工の仕事だけ先行しても意味が無いからである。

予定では台所のリフォームから始める事になっていて、そのつもりでカミさんと一生懸命鍋・釜を片付け・移動したのだが、肝心のシステムキッチンを組み立てるメーカーの作業員が来月15日にならないと順番が来ないのだと言う。物は揃っているらしいのだが・・・・。

そんなわけで急遽リビングから始める事になった。リビングボードを隣の部屋に移動させるなどまた一つ手間が掛かってしまったが全くの想定外である。

それでもこれまで厚いカーペットを敷いてもひんやりしていた床が、断熱材の入った床(写真)に生まれ変わる事を思うと気分もルンルンになる。何しろ26年前に建築された我が家「大成パルコン」の床はコンクリート床版に直接フローリング材が張られていただけだったのだから。

CA3H0042

玄関から続く廊下や縁側も全て断熱材入り床に変身することで、省エネルギーに貢献できる他に各部屋との段差が全て解消される事になりそうだ。これから益々歳を重ねる毎に躓きやすくなっていく我々の生活に寄与するのは間違いな。多分・・・。

70日目にやっとです・・・

東日本大震災から70日目にやっと給湯器が設置された。

津波で水没し、更に停電による凍結で内部の水道管が破裂した給湯器(写真A)を泣く泣く廃棄処分して、最新のエコジョーズ型給湯器(写真B)に変更したものだ。

この間、娘のAPや娘の旦那の実家、田舎の別荘?、その他・・・・で、お風呂に入ってきたが、やっぱり我が家のお風呂は格別だ。気を使わなくて済むからなぁ。

それにしても時間が掛かったものだ。何でも給湯器が24型の場合はガスメーターを6号に替えるようにガス局から指導されていてその更新手続きに時間が掛かったのは分かるが、壊れた給湯器も24型だったのになぜ今回なんだ?。


kyuutouki(A)
20110518GT-C2442ARX(B)



初めてのマダイ釣りに向けて

ゴールデンウィークが過ぎた事でいつもならすでに何回か黒鯛釣りに出かけているはずなのに、今年は東日本大震災の影響もあり出かける事もままならない状況に陥っている。

港が壊滅的な被害を受け、沈没?や行方不明?になった渡船が利用できないのも大きな理由だが、津波で流された家屋の廃材や多くのゴミが釣り場にどんな影響を与えているのかわからないのと、海に流された行方不明者がまだ数千人?(宮城県)もいる事を思うととても竿を出せないのだ。恐くて・・・・・。

かと言って、山形・庄内浜や秋田・男鹿半島に遠征する時間や体力はまだ震災のリフォームも終っていない状況下の吾輩にはとてもあるわけも無く、当分の間は悶々と過ごすつもりでいた。

ところが、最近釣り仲間のTOMEさんから青森・竜飛崎でのマダイ釣りに誘われた。先般ハマダンさんが来仙した折にあった話が現実味を帯びてきたのだ。これまでも何回か誘いを受けていたマダイ釣りであるが、吾輩の天敵「船酔い」を理由に固辞し続けてきた青森遠征である。

それでも、6月になればリフォームも終っているし、いつまでも好きな釣が出来なくてストレスを貯める理由もないので誘いに乗る事を決めた。天敵の「船酔い」には強力な船酔い止めの薬も市販されているらしいので、不安はあるがやってみなければ・・・の精神で決断したわけである。

ここ数年、みんなは真鯛釣りに嵌まっていてなかなか仙台港のフィールドで遭えなかったから「船酔い」さえ克服すればまた一緒にわいわい出来る思いもあったからだ。

さて・・・・マダイ釣りを始めるにあたって問題が・・・・。道具類だ。黒鯛釣り用とカゴ釣りの道具しか持っていない吾輩にとって、真鯛釣りしかも船用としては竿もリールも帯に短し襷に流しだから全て一から揃えなければならなかった。

と言うわけでまずは道具の準備から始めることにし、もうすでにベテランの域に達しているTOMEさんや青森の釣り師あすぱむさんの道具を参考に揃える事にした。ただ、ある物も使えるものは使うのが当然だからリールはテンヤ釣り用には黒鯛釣りで使っていたDaiwaのトーナメントISO2500LBDにPE0.8号を巻いて無理やり転用することにして、ルアー竿用にはDaiwaトーナメントISO3000LBDにPE1.5号を巻いて持って行こうと思う。船釣りだから両軸リールを購入する事も考えたが、マダイ挑戦が初めての素人には扱いが大変だと思い今回はやめた。後は試行錯誤をしながらいろいろ考えればいい。

ロッドは昨年暮れに購入したルアー竿Daiwaジグキャスター106H(全長3m、錘負荷50〜120g)をメーンに、テンヤ用には軽めの仕掛け(50g以下)も使えるようにとTACTICA LIGHTTEN−YHA240(全長2.4m、錘負荷0〜20号)を新規に購入した。

その次は仕掛けである。60gのメタルジグを数本、鯛ラバ・鯛カブラ類を43g〜100gを数種類購入した。青森のショップで手に入れたジグえさリグセットはmaria mucho lucir赤金のジグにアシストフックと真鯛スピンを取り付けた物で、真鯛釣りに効果覿面だと言うので買ってみたが果たして・・・・。

それと青森では一つテンヤ釣法が通用するかどうか疑問なところがあるが、一つテンヤの仕掛け(12号〜20号)も一応用意してみた。その他いろいろな仕掛けがあるようだが、ブラーやテンテンは用意しなかった。ちなみに津軽海峡の潮の速さや深さを考慮して仕掛けは60g前後(最大100g)で揃えてみた。

(写真には鯛ラバ類が写っていない)。madaisikake2011-611

まぁ最初から釣れるとは全く考えていないが、それでもビギナーズラックで大物が釣れた時はクーラーボックスが小さすぎるのでは・・・・なんて思いを馳せ巡らせながら、今はリーダーとPEラインの結束を猛特訓中の吾輩である。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ