Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2010年10月

マンマ・ミーア!を観て来た

20101030mammamia劇団四季のミュージカル、マンマ・ミーア!(MAMMA MIA!)を観て来た。

カミさんへのサービスいわゆるカミさん孝行の一環である。しばらく旅行にも出掛けていないし、街の中心部に出掛ける事もない寂しい?生活をしていた吾輩が、「たまには街に出て食事しながら映画でも・・・」と思いつき、偶々出合ったこの公演のチケットを八月に購入していたのだ。カミさんには内緒で・・・・。

ミュージカルを観るのは吾輩にとって始めてになる。そんなミュージカルに全然興味が無かった吾輩がこのマンマ・ミーア!のチケットを手に入れたのは、全編ABBAのヒット曲でつづられるストーリー性に興味を持ったからだ。

世界的なポップスグループだったABBAの曲はテンポが良くてとても好きだったし、ミュージカルに縁が無さそうなカミさんもABBAの曲は知っているに違いない・・・と選んだのだ。

国番町入り口近くで豪華?な腹ごしらえをして会場の東京エレクトロンホールへ向った訳だが、いつも街に出掛けた時は、花はんで味噌カツを食べるのが好きなカミさんに、道すがら「今日は時間がないから・・・・」と釘を刺しておいた。そのせいか吾輩が選んだ店に文句は出ずスムーズに・・・・。

ただ、会場に入り着席早々「いつもと同じねぇ」のカミさんの一言に少しがっかりした。座席の位置に少々不満があったようだ。

これまでもドラリオンとかコルティオあるいは千手観音・・・・など、一番高額な座席にも係わらずあまり良い席を確保出来なかった経験から、今回は少しでも良い席をと頑張って取ったのに、前から5列目とは言え左側通路寄りの席が気に食わなかったようだ。

まぁそれでも少々の不満は横に置いといて・・・・。13時ちょっとすぎに開演。

マンマ・ミーア!は世界240以上の都市で上演、4,200万人を動員し、日本でも東京で開幕以来190万人以上の観客を動員したミュージカルなんだとか。少々外人役の日本人俳優に違和感を持ったが、ドナー役をはじめ出演者の圧倒的な歌唱力には感服した。これがミュージカルか!?・・・・・と。

昔聴いたABBAの曲がどのようにストーリーとリンクするのか興味があったが、「ダンシングンクイーン」「マネー・マネー・マネー」「チキチータ」「ギミー・ギミー・ギミー」・・・など全編ストーリーとフィットしていた事に感激さえ覚えてしまった。

休憩を挟み約3時間!。初のミュージカル鑑賞だったが十分に楽しめた。 多分、カミさんも・・・。

星野監督誕生!楽天は変われるか?

東北楽天イーグルスの4代目監督に星野仙一氏が就任した。

監督として中日・阪神で優勝実績があり、今年最下位と低迷した楽天イーグルスを鍛え上げるには、闘将と呼ばれる星野監督は最適とも言えよう。

ただ、個人的には昔からあまり好きでないチームの選手・監督だった事と、すぐかっとなって挑発的な言動・態度を取る暴力者・・・・と見てきた我輩としては、まだ違和感があって心証的には複雑なものがある。

それでも、人気と実力を兼ね備えチームの編成権まで与えられた大物だから、チームが強くなる手段つまり大胆な補強をやってくれるのは間違いないと思っている。勝たないとビジネスにならない事をやっと知ったケチな球団も、ある程度(補強に)金額を出すと言っているし・・・。

FA宣言をしそうなベイスターズの村田やオリックスの後藤、更には大リーグの岩村等に食指を伸ばす記事を読んだが、メジャー移籍を考えている岩隈の後がまを含め大型補強は絶対に必要不可欠なのは確かだと思う。それなくして楽天イーグルスの上位進出は無いからだ。

その星野監督の初仕事が昨日のドラフト会議だった。

楽天が1位指名した早大の大石は5球団競合の末抽選で敗れたが、外れ1位として八戸大学の塩見投手を抽選で引き宛てたのはさすが星野監督だ。吾輩は中大の沢村投手を指名すると思っていたのに、多くの球団が競合することを避けた他の球団も指名しなかったために巨人に楽々一本釣りされてしまった事は残念と言うしかない。

しかし、時間が経たないとホントの力を発揮するのが誰なのか正直分からないドラフトでもある。1位指名された選手でも全然試合にも出ずに消えていった者が過去に何人も居るのだ。少しばかり力があっても、強くなる為に外部から選手を招聘され生え抜きの選手が活躍の場を失う弊害がある事を考えると、指名されたからと喜んでばかりは居られまい。

実力と努力、そして運・・・・これを上手く引き寄せた選手が生き残っていくのがプロ野球界だから、育成選手として指名された地元仙台育英の木村投手だっていつかは瓢箪から駒のごとく活躍できる時が・・・・と陰ながら応援している吾輩である。

白鳥の飛来もまだまだ先のようだなぁ。暖かいから・・・・。

20101025izunuma
22日に利府JCが完成し三陸道石巻方面と北部道路が行き来できるようになった。

吾輩には特別恩恵は無いが、東北自動車道と直結した東北北部から来る松島・牡鹿半島方面への観光客にはとても便利になるはずだ。

その新しくなったJCを通って登米市まで出掛けた今日、平日だったが心持ち車が多くなったと感じた。気のせいだろうか?。

往路は築館ICから東北道に乗り、富谷JCから北部道路・三陸道を経由して帰宅するルートを選択した。一人旅だし時間に余裕があったから・・・・。

途中ラムサール条約で有名な伊豆沼に立ち寄った。

もう白鳥等が数多く飛来しているかと思っていたら、写真の如くごく僅かしか見えなかった。
午後3時頃なので、近くの餌場に出掛けたまままだ戻っていないのかも知れないが、この数羽の白鳥はもしかすると何かの理由で昨年から居ついている鳥達なのカモ?。

日中の気温が20度を超す日が続いている内はまだまだ本格的な渡りにはなりそうもないようだ。

早いものです、成長するのは・・・・

僕の名前は「大翔」、やまとと言います。パパとママが考えて命名してくれました。

3,214gで生まれた僕の体重は、最初の2日間は少し減ったけど9日目に計ったら3,500gになっていました。

今は4,000gを超えた感じがします。おじいちゃんが僕を抱っこして体重計に乗り、その後おばあちゃんに僕を渡したあとに計ったおじいちゃんの体重を引いたら4.8kgだったからです。タオルやおくるみの風袋を差し引いても多分それくらいになっているのは間違いないと思う。

しかし、僕は別にデブになりたいとは思っていないんだよ。ただ、寝ていてもどんどん成長する今は、ママのおっぱいをいっぱい飲み、早く大きくなって新米のママを楽にさせようと考えているだけなんだ。

生まれて9日目に黄疸の症状が出て、紫外線の出る機械に24時間入れられた時は家族のみんなに心配掛けちゃったけど、生後15日目を迎えた今のところ順調に育っている僕なので皆さ〜ん安心して下さい。

まだ当分の間はママのおじいちゃんとおばあちゃんに見守られながら育つつもりですが、いつまでもと言うわけには行きません。あと20日余りの期間です。帰ったら淋しくなるだろうから、11月7日に僕が帰るまで思いっきり遊ばしてあげるつもりです。

生後15日目

スズメバチ大発生!、今年の猛暑の影響か?。


6月過ぎから休止していたウオーキングを最近再開した。

一応猛暑のせいにしてずるずると運動不足を続けていたら、休んでいた3ヶ月間に急激な激太りに嵌ってしまったからさぁ大変!。ズボンもきつくなって全てのズボンを買い換えなくてはならない大事寸前になるわ、ゴルフは腰の切れが悪くて全然飛ばなくなるわ・・・・。

これじゃいかん・・・と、やっと重い腰を上げ3日前からやっと再開した。

10月に入って2度も夏日を記録する等、まだまだ1時間も歩けば汗が噴き出す異常な?時期ではあるが、それでも朝の散歩はやっぱり気持ちがいいものだ。

しばらくぶりに歩くコースの堤防沿いは、舗装が見えなくなるほど雑草が繁茂し歩きにくい状態になっていた。中でも外来種のセイダカアワダチソウがずいぶん増えた気がする。今年2回目の除草も中途半端で終わっているから来年はもっと河川敷まで広範囲に広がるかも知れないなぁ。
                 20101013suzumebachi    

そんな中、セイダカアワダチソウも育たない密集した雑草(写真)が堤防法面に点在している場所がある。その小さな花に群がるオオスズメバチの多さに今年の猛暑との関係を考えてしまう吾輩である。昨日合計38匹、今日はちょっと早い時間帯だったがそれでも19匹確認しているが、こんなことは初めて経験する現象である。やっぱり暑さとスズメバチの多さには何か因果関係があるんじゃないだろうか。

子供の頃にキイロスズメバチに刺された経験がある吾輩としては、(また刺されたら)アナフィラキシーショックに陥るのでは・・・との恐怖感を一方では持ち合わせているが、生物研究がしたい興味もあるし困ったものだ。ホントに!。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ