Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2010年07月

公平・公正な基本姿勢で・・・・

今朝の新聞に、民主党〇×県連が「〇×新聞の参院選報道に不公平」があった旨の事を地元の新聞社に抗議したと書いてあった。

内容についてとやかく言う立場に無い吾輩だが、選挙に負けた民主党関係者にすれば負けた原因がその記事にもあると感じたからこその抗議だったようだ。、

宗教新聞のような特定の新聞ならいざ知らず一般の大衆紙がどちらかに偏った報道をするとは思えないのだが、実は吾輩も愛読してきた△〇新聞の記事が少し様変わりして来たんじゃないか?と感じていた事もあって今日はこれを取り上げてみたぞなもし。

新聞社が「いろいろな考え方を載せるスタンス」は当然である。だが、いくら編集権の範疇とは言え、時代の背景と報道のタイミングを考えないと、見る人によっては偏った内容に見えてくるものだ。特に長年に亘って愛読していると、微妙な変化に気付かされる事も少なくない。もちろん吾輩思うに・・・・・であるが。

各報道機関は、言論・報道の自由を守り公平・公正をモットーに云々との原則を掲げているのは分かる。ただ、やはり根底に編集者の考え方や新聞社の方針が少なからずとも紙面に反映される訳だから、基本的な考えは不変だとしても見る角度によっては以前とは少し違う・・・・と感じる事もあるのだ。

やっぱり、ローカル新聞は公平・公正な紙面つくり・・・・と言っている割に、まだまだ前政権時代をひきずっているなぁ。現在のだらしない新政権には攻撃的だし・・・・」等と曖昧な考えでぼんやりと新聞を眺める最近の吾輩には、今回の抗議を見て「やっぱり〇×県でもそんな風に思っているのか?・・・・」と思わずにはいられなかった。ジャンジャン。

炎天下の草刈って・・・・大変です。・・・ハイ!。

CA390035左の写真を撮影したのは7月5日だったが、それから3週間も経った昨日、雑草のすさまじい繁殖力を目の当たりにした吾輩は絶句!してしまった。ある程度想像していたが庭一面が雑草に覆われていたとは・・・・。

そもそも例年であればこんな状況になるまでほっとく事は無く、家内と時々出掛けて草取りする程度で十分庭の機能が保持されていたが、異常とも思える今年のこの雑草の繁茂に作業が追いつかず写真の状態になった頃にはもう手がつけられなかったのである。おそらく庭木の剪定をした時樹木の根元に撒布した堆肥・肥料の影響で雑草もその恩恵を受けたのかも知れないが定かではない。CA390036

カミさんともども我々は歳を取ってきたし、以前から草取りをシルバー人材センター等へ委託する事は検討していたが、こんな状態になってしまってはとても人力では歯が立たないと思い草刈機でばりばり刈る事にし朝早く自宅を出てきたのだ。

連日続く真夏日の炎天下、大まかな場所の雑草は刈り取ったが機械の届かない庭石周りや狭い場所は残したままで、刈った草もそのままにして来た。それまで手が回らなかったのである。一人だったし・・・・。

近日中にまた行くことになるが、幽霊屋敷のようになった田舎の別荘?を見かねた隣家によって、市道側の雑草を刈って丁寧に片づけまでしていただいた事にはいつもの事とは言えとても助かるし感謝している。

8月に行われる親父の23回忌法事までに、もう少し居宅周りを綺麗にしたいと願っているが、こんなに暑い日ばっかり続くと動くのが億劫だし、車で一時間と言ってもそう簡単に出掛けられなくなったのはやっぱり歳のせいなのかなぁ・・・・。

やっぱり鬼門ってあるんだな!

20100717kst
日本ハムのダルヴィッシュとのエース同士の直接対決を避け、岩隈を中5日で登板させたブラウン監督!。必勝を期して登板させたはずなのに結果は岩隈の不調であっけなく負けた。

久しぶりの観戦で、今日の試合は絶対にエース対決!と期待していた吾輩としては、姑息とも思われる昨日の監督采配に疑問を呈したい。いくらチーム方針とは言え、今日のゲームつまりダルヴィッシュ相手の試合に勝てないからと捨てゲームにするなんて・・・・。

で、今日の先発は長谷部だった。膝の故障から3ヶ月ぶりの復帰登板になるが、5連勝中の絶好調男ダルヴィッシュ相手では荷が重く、好調な日本ハム打線相手に何回持つか?・・・・等と試合前から負けムードがプンプンしていた。

今日は初めて1塁側フィールドシートからの応援だ。これまでずっと3塁側から応援してきた吾輩としてはやっぱり慣れない事はすべきではないと知った。スタンドより低い位置から観戦できる醍醐味は否定しないが、いくらイーグルスのファンが多くともやっぱり1塁側には日本ハムファンも少なからずいるので、何か応援に力が入らないのが気になったからだ。

現状のプロ球界で、ダルヴィッシュを日本一のピッチャーと認知している吾輩だが、今シーズン4敗している内の2敗は楽天戦で、ここKスタ宮城のデーゲームでは中々勝てない過去のデータがあるので、今日はそれだけを頼りにしての観戦になった。

最速156kmを含む150km台をビュンビュン投げる姿から、1点先行された時はもう駄目!と諦めムードが漂い始めたが、やはりそこは鬼門!のKスタ宮城。山崎の3点ホームランで逆転し逃げ切ったイーグルスがダルヴィッシュに今年3個目の黒星をつけたではないか。

後半は雨の中での観戦だったがもう天晴れと言うしかないほど良かったぞ。やっぱり野球って何があるか分からないよなぁ。

ボールは買ったけど・・・・。

20100701
ボウリングのボールを購入した。

左はカミさん用12ポンド3オンス。右が吾輩用で15ポンド4オンス。2個セットで30,000円。(送料500円。だいぶ格安の触れ込みにつられて買ってしまったが、なかなかドリルをする時間がなくてしばらく床の間に飾ったままだ。

吾輩の時間はたっぷりあるのだが行きつけのボウリングセンターのドリラーが忙しいようでタイミングが合わないのだ。予約制だし・・・・。

まぁ素人の我々には今持っているボールで十分なのだが、やはりしばらく使っているとボールの劣化によって性能が落ち、ピンアクションが悪くなって来たのが一目で分かるようになったし・・・・。

ボウリングはある程度スペアをカバーできる腕前に達すれば、あとはストライクをいかに連続させるかが高得点獲得の鍵になる。ピンアクションが悪いと倒れる物も倒れないので必然とスプリットになったりしてミスが多くなるから結局高得点は望めないのだ。

だから、いくら健康の為とは言ってもそこは負けず嫌いの吾輩!、やっぱり練習の成果が気になる。現在ホームにしているボウリング場での最高得点は吾輩257点。カミさんは243点。二人ともスコアボードに表示される各プレーヤー(会員)の最高得点を少しでも300点に近づけたい願望を持って今日もプレーするのだ。

地デジのテレビが我が家に・・・・・

20100704
来年7月でアナログ放送が終了するが、その時までテレビを買い替える事はないと思っていた我が家に地デジのテレビがやって来た。

ボーナスにありついた息子からのプレゼントだと言う。

長い間愛用してきたSONYのアナログハイビジョンテレビに、これまた息子が買ってくれた東芝の地デジチューナーを組み合わせて一応地上デジタル放送を楽しんでいたわけだが、やはり地デジ専用のテレビは写りが違うと素直に思った。

カミさんは「42インチなんて大きすぎる。これまでの32インチで十分」と声を大にして反対していた割りに、10畳の居間にあまり違和感無くすっぽり収まった事については今では納得のご様子なのでまずは一安心だ。当初息子は46インチのテレビを購入する予定だったが、カミさんの猛反対を受けサイズダウンした経緯があるがそれでも42インチを買ってくれたことに感謝している。

我が家のテレビの楽しみ方はこうだ。(主にカミさんがチャンネル権を持っているが・・・・。)
ゴールデンと呼ばれる時間帯は各局面白い番組が放送される為観たい番組が重複する事が多い。だから我が家では毎日のように1〜2番組は録画する事になる。ほとんどバラエティ番組が主体だが、趣味の釣りやボウリングの番組も連ドラ風に予約しているので、吾輩もカミさんもいつも暇な平日の昼間?はテレビにかじりついて録画番組を観ないとたちまちディスクが一杯になってしまう。

これまでの地デジチューナー内臓ハードディスクは容量が300ギガと少ないのが難点で、録画した番組をしょっちゅう削除しないと次の録画が出来ないから、面白い番組を後でもう一度観たいと思っても保存して置けなかったのが不満だった。また、地デジ放送を2番組録画していると他の地デジ番組が観られない不便もあった。

今回息子から1.5TB(テラバイト)の外付けハードディスクも用意してもらったのでその不便が解消されそうだし、地デジ放送を2番組録画して更に地デジをもう1番組視聴できると言うから、たかがテレビとは言え少しハッピーな気分になる。

まぁ、テレビはSONYかPanasonicと定めてきた我が家の伝統がプレゼントとは言え途絶えてしまった事が残念と言えば残念だが、テレビを楽しむ我々夫妻のニーズに合うテレビを選択してくれただけで嬉しいよ。Thank you!。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ