Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2010年05月

3連勝!3連勝!3連勝!

jpg

セ・パ交流戦、楽天イーグルスVS広島東洋カープ戦を観にKスタに出掛けた。シーズン中に一度あるかないかの娘夫妻を連れての野球観戦である。まぁ吾輩的には野球よりもその後の会食が楽しみで連れ出したようなものだが・・・・。

天候に恵まれ、生ビールが美味く感じた気温の中、試合は4:2で楽天イーグルスが勝利した。これで楽天は1引き分けを挟み今年3度目の3連勝である。5月の通算成績も11勝9敗1引き分けと勝ち越しを決め、何とか上昇機運に乗った気がするので、連勝で始まった交流戦後半をぜひこの勢いで突っ走ってもらいたいものだ。

今日、先発完投勝利した田中マー君も交流戦3連勝!である。12本もヒットを打たれながら2点に抑えて勝ったのは粘投と言うしかないが、ここ3戦いつもの彼らしい投球が出来ない割りに勝てているのは、勝利の女神でも憑いているんだろうなぁ。昨日の岩隈のように、いい投球をしても勝ちに恵まれないのと違って・・・・・。

ところで、吾輩のkスタ通いも岩隈、田中、田中・・・・とこれで3連勝!。負けてとぼとぼ帰路につくより勝って意気揚々と凱旋したい一ファンとしては、何とも心地よい野球観戦になったのは言うまでもない。

そろそろ・・・・黒鯛釣りの準備でもすっか!

f87a1586.JPG昨日、渡船山崎のHPに仙台港北防波堤で黒鯛が釣れた事が書いてあった。

いつもなら菖蒲田漁港前の萱島テトラからシーズン最初の黒鯛が上がる筈なのに、いきなり北防波堤とは・・・・。とても珍しい事である。

萱島からの釣果が全然聞こえて来なかったし、水温が低い気象情報と相俟って、「乗っ込みが遅れているのか?」と気を揉んでいた吾輩だったが、、場所はどこであれ今年最初の黒鯛が釣れた事にまずは乾杯!と行こう。

少しでも早く釣がしたい吾輩は、ゴールデンウィークが過ぎると、乗っ込みが仙台より早く到来する山形の地磯へ釣行したい願望に駆られるのは毎年の事である。しかし、まだ行った事も無い未知の磯・釣り場に一人で出向くのはとても勇気が要る事なので、少々バイタリティーに欠ける吾輩としては中々足を運べ無いのが実状だ。そんな分けで今年も例に漏れず2週間ほど悶々と過ごす羽目になったが、それでもやっとシーズンが到来したのだから素直に喜びたいと思う。


仙台港は山形や秋田に比べると黒鯛の魚影の濃さは今一だと思う。ただ、なんと言っても自宅から12,3分で船に乗れる環境だけは捨てがたいモノがある。だから今年もシーズン終了まで仙台港で竿を出すつもりだが、6月から高速道路無料化で酒田まで行っても平日1,300円?と言うのでは果たしてどうなるか分からないぞ!。

で、さっそく明日から黒鯛釣り準備に入り、この低気圧が抜け次第初釣行に出掛けるつもりだ。どうせ毎日暇でもある事だし・・・・。

思い出の花・鬼つつじ

jpg
この時期になると、吾が自宅裏はつつじの花が見頃になる。鬼つつじ、別名蓮華つつじとも言われる山つつじが見事!?に咲き誇るのだ。

たしか、この鬼つつじは、秋田県本荘市(現由利本庄市)で行われた鳥海町の知人の息子の結婚式に出席した折に、国道7号線沿いの法面に咲いていた花を・・・・いや根っこを引き抜いてきて自宅の庭に植えたものだが、息子がまだ小学低学年の出来事なのでざっと数えても樹齢20年以上になるのは間違いない。

芝樹の間に5本植えてあったこの鬼つつじも、長い年月の間に涸れたり朽ちたりして今では3本だけになってしまった。その中の1本(手前の樹)は一度枯れた樹の根元から再生したモノでやっと花が咲くようになったのだから大事に育てたいと思う。以前とは比べべくも無いが、それでも毎年この時期になると鮮やかなピンクの花群が道行く人を楽しませるのは嬉しい事だ。

ところでその結婚式の当事者・知人の藤山さんも亡くなって大分久しく、それを機に家族ぐるみの付き合いをしていた関係も時間の経過と共に希薄になってしまった。また、結婚式後に家族でお世話(宿泊)になった高橋さんは元気で本荘市に在住していが中々行く機会が無くて・・・・・。

いつもこの花を見るたびに当時を思い出す吾輩である。

鳥海町は息子の出生地でもあり知人も多いので、ドライブがてら墓参りを兼ねワラビ取りに行きたい願望はあるが中々決断力が無くて・・・・。本庄市へ行く時はクロダイ釣りに行くついでかなぁ・・・・。

イシクラゲ!?大発生

ishikurage写真はwikipedia(ウィキペディア)に載っていたイシクラゲ

別荘代わりにしている田舎の庭地に大繁茂していたわかめみたいでキクラゲのような藻の一種だ。ネンジュモ(念珠藻)に属するらしい。
3年くらい前から急に多くなったと思っていたが、最近は通路部だけでなく畑地にまで勢力を拡大していて、足の踏み場もないほど散在した群体を踏んづけると、どろどろになるから始末が悪い。

天気が続くと乾燥しパリパリの海苔みたいになって死滅したように見えるイシクラゲだが雨が降るとあっと言う間に元に戻る。まるでエイリアン?みたいに生き返るのだ。乾燥すると風で飛散するのか、あっちこっちに広がるのが早くて、除去しても除去してもとても取り尽くせるものではない。除草剤を撒いても効果がなく見た目も感触も良くないので気味が悪い。困ったものだ。

何とかしなければ・・・とインターネットを駆使しとうとう大発生の原因を突き詰めた。排水が悪いのが一番の原因のようである。側溝を設けるとか暗渠を設置して環境を改善すれば発生を抑えられると言う。一時的には木搾液とか芝用の薬剤を撒布しても効果があるとも書いてあったが、今度行った時は草取りよりまずは側溝掘りだな!。

そう言えば思いつく事が多々ある。長屋(倉庫)の入り口は排水が悪くていつもじめじめしていてゼニゴケのような物もいっぱい生えてるし、通路の真ん中にあった排水桝も砂利に隠れてどこにあるか分からなくなっている。畑に降った雨水を通路に流れるようにしていたし・・・。

ただ、このイシクラゲはキクラゲ同様食用になると言う。中国だけでなく日本でも地方によっては食されているらしい。抗ウィルス作用もあるって書いてあったが本当にこんなのが食えるのか?。山形の食卓に乗る雑草より少しだけ勇気が要りそうだぞ。

母の日のプレゼント供・・・・コルテオ公演

jpg
シルク・ド・ソレイユが行うダイハツ「コルテオ」仙台公演に行って来た。

吾輩に言わせれば、昨日に引き続いての母の日プレゼント第2弾になる。

とは言え、チケットを申し込んだ時、つまり半年以上前には母の日なんて全然頭に浮かばなかったし、土・日より1,000円安い!それだけの理由で確保した平日の公演日がたまたま(母の日の)昨日の今日だっただけで、カミさんに「日頃の感謝のお礼に・・・・」と恩着せがましく言っている割にはプレゼントでも何でもない事なんだ。・・・・ホントは。

さて、それはともかく、「ドラリオン」の時も、「千手観音」の時も、チケット代を渋って良い席を確保できなかった教訓から、今回は前売り開始早々に申し込んだらその甲斐あってとても良い席が取れた。正面にほど近い前から3列目の席だった。ただ、迫力あるステージを満喫できたのだから万々歳・・・・と言いたいが、それゆえ舞台上部を見るのに首が疲れるマイナス要因もあったよ・・・。(笑)

jpg

途中30分の休憩を挟み約2時間半の公演は、噂にたがわぬ素晴らしいものだった。

でも・・・・・、吾輩の率直な感想を言えば、「ドラリオン」に比べると内容的に少々迫力不足と感じた。西洋的な死に関するストリーがあまり理解できない場面もあって、思ったほどの感動を得られなかったのも理由だ。

コルテオ」はストリーのあるサーカスと言われるように、強力なチームワークから成り立っているのは当然だが、それだけに世界から選りすぐられた個人のパフォーマンスが強調された「ドラリオン」の方が良かったと感じたのは吾輩だけだろうか?・・・・。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ