Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2010年03月

今日で3回目!

最近ずっと左肩痛に悩まされている吾輩。多分五十肩だと思う。

いつからこの症状に陥ったのか全然記憶に無いが、いつの間にか左腕がまっすぐ上がらなくなった。耳の後ろまでまっすぐ上がらないのだ。

腕を背中に回そうとしても、右腕は肩甲骨付近まで上がるのに左腕は腰のところまでがやっとだ。だから衣服を脱ぐときや身体を洗うときはとても苦労する。

さらに寝返りのせいだと思うが、朝起きると左肩が重苦しくて思うように動かないし、ひどい肩こりの症状から終いには頭痛が・・・・。

自分では「五十肩は時間が経てば自然と治癒するらしい」と聞いていたのでしばらく様子見して来たが、毎日痛みに苛まれる様になった最近、思い切って病院に行く事を決意した。

腰痛持ちで普段の姿勢の悪さから整体の必要性をずっと感じていた吾輩であるが、保険が効くとか効かないとか、お金が高い?等の理屈をつけて中々行きかねていただけに大きな決断だった。

先日新聞のチラシに入っていた『〇〇鍼灸接骨院』は自宅から2kmと近いし、「必ず治します!」の文面に騙されたと思って電話もせず行ったら、やはり予約制のようで大分待たされた。

そして今日が3回目の治療である。

右腰の歪みがあるのでまずはこっちから矯正しないといけないらしいので簡単には治癒しないと思うが、せっかく重い腰を上げたわけだからどうせなら完治するまで通い続けようと思っている。

ゴルフだけでなく4月からは釣も始め無ければならないし・・・・。

残念だった!

昨日開幕したプロ野球パ・リーグ。

楽天イーグルスはエース岩隈が力投したが0:1で敗れ、昨年に続く開幕勝利はならなかった。たった1点が遠く、岩隈を見殺しにしたのは非常に残念だった。

打線がだらしなかったのか相手ピッチャーが良過ぎたのかいろいろ見方があると思うが、監督にも選手にも多くのミスが重なって負けたのは否めないと思う。

まぁそれでもたかが144分の1試合だと頭を切り替え、今日の田中マー君に期待するしかなさそうだ。

それにしてもベガルタ仙台も1点差で京都に負けたし、昨夜はスポーツニュースを見る楽しみも奪われ、さっさっと就寝した吾輩だった。

楽天てっぺんへ!

                                                               jpg
いよいよ明日、2010年プロ野球パ・リーグが開幕する。

昨年の成績から見れば本拠地のKスタで開幕試合が行われるのがホントなんだろうが、仙台の寒さを考えれば大阪のドーム球場でオリックス主催ゲームとして行われるのも致し方無い事である。

ただ、解せないのはこの3連戦の後、23日〜26日まで試合が無いんだからわざわざ20日に開幕しなくとも・・・・と思うのは俺だけか?。

それでも、27日からKスタ(クリネックススタジアム宮城)で開催される第2節西武戦が地元ファンにとっての開幕戦である。国内最大級の大型ビジョンが新設された球場で、今年も多くのドラマが展開される事を想像すると期待が盛り上がって来た。

昨季念願のCS進出を果たした楽天イーグルス。今季は選手もファンも当然日本一を目指してのスタートになるわけだが、戦力的に大分強くなっているのは万人が認めるところだ。ブラウン新監督の下、チーム一丸となって邁進すれば夢は絶対叶う筈だ・・・・と信じて已まない。

野村前監督が楽天の成績を5位と予想した事を聞いて腹が立ったが、名誉監督ならせめて上位にランク付けしてもよさそうなものなんだが・・・・。まぁ小遣い稼ぎであっちこっち飛び回っている割に、久米島キャンプに一度も顔を出さなかったくらいだから今年の楽天をよく知らないのじゃないかと思いたくもなる。

さて、今年も十数試合観戦する予定ですでに4月5月分のチケットを手に入れた吾輩なのだがいずれもディーゲームのチケットである。ナイトゲームはカミさんが好まないので、巨人戦のチケットを手に入れたくともすべてナイターでは諦めるしかなかった。

その肝心のチケットだが、どうしても(ディーゲームは)日程的に制約され試合数も少ないので中々入手し辛く成ってきた。ファン倶楽部の会員数が昨年より1万人も増え、それに伴い先行予約のチケット獲得が思うようにいかなくなったのが原因だと思っている。

10時の発売だからと10分前にパソコンの電源を入れたらすでにインターネットが接続できず、繋がった時は良い席はすでに完売状態。今年は特にこんな状況が顕著なのだ。ちなみに観戦席にこだわりを持つ吾輩としては、外野席はうるさいし、相手チームよりの一塁側は負けているときは癪だし・・・・。

まぁそんなこんなしながら、また10月まで喜怒哀楽の日々を送る事になりそうだ。勝負事なんだから結果は実力以上のウン(運?)に左右されると考える吾輩としては、結果的に必ず1位で終わらなくとも、プロの技、てっぺんを目指すチームの意気が心に伝わればそれで十分だと思っている。

なぁ〜んて、まだ始まってもいない今シーズンを総括する話は横に置いといて、まずはスタートダッシュを決める事に尽きる。

開幕から10試合目までを6勝4敗で乗り切れれば万々歳ではなかろうか?。ゴールもおのずと見えてくるだろうし、昨年の交流戦の成績つまり9勝15敗をその逆の15勝9敗で終えれば・・・・もう優勝!てっぺん間違いなしである。

頑張れ!ベガルタ仙台

早いもので3月6日から始まったJ1も第2節を終えた。

7年ぶりにJ1に復帰した我がベガルタ仙台は、初戦の磐田戦を1:0、次の大宮戦を3:1と下し、リーグがまだ始まったばかりとは言え、名だたる強豪を押さえトップに立っている。

春の珍事!?だろうと無かろうと、一人のベガルタファンとしてとても喜ばしい事だ。まぁこの後の鹿島や浦和との戦いぶりを見ればおのずと今後の展開が見えてくる筈なので、是非これが正夢であって欲しいと願って已まない。

昔・・・開幕5連勝を記録したチームが結果的に降格の憂き目にあった事を目の当たりにしている1人としては、2連勝したくらいで笑ってばかりはいられないのだから・・・・。

観戦しているとさすがJ1!。素人目にもスピードが違うことが分かる。昨年の成績下位のチームでもこれなんだから優勝した鹿島なんかもっともっと凄いんだろうなぁ。山形がシュートを1本も打てなかったチームだと聞いているし・・・・。

ただ、サッカーのみならず勝負の世界は実力だけですべてが決まるものでもなく、ウンや試合の流れが左右する事も多いので、名前に臆する事無く選手が実力を発揮すればそこそこの成績で終えられると信じている。

まもなくプロ野球も開幕だ。熱狂的楽天イーグルスファンを自認する吾輩は、楽天が勝った時のスポーツニュースを見るのを非常に楽しみにしていたが、今年はベガルタ仙台の成績に一喜一憂することになりそうなので、毎日が日曜!とは言え寝不足が心配だな・・・・。ウン?。

土佐文旦が届いた。

jpg
送り主が自分!つまり吾輩から送られた土佐文旦が届いた。

郵便局のグルメパックに去年の4月に予約していた物だ。いつ何が送られてくるかとうに忘れてしまっていた吾輩には、宅配便が突然届くと自分が購入した事を忘れとても嬉しくなるから不思議だ。

例年年度初めの4月に、季節に合わせたグルメ品?を月毎に1品か2品届くように注文予約しているが、全国の珍しい食べ物が居ながらにして味わえるのはとても楽しみな事である。

グルメ品とは言えそんなに高価な物では決して無く、大体3,000円ぐらいの物が多い。下関の冬の味覚「ふぐ」でも高くても5,000円ほどである。時には北海道のメロンだったり日本海のカニだったりいろいろ見繕って注文しているが、価格はそれなりとしても、それに見合った楽しみ方に満足している吾輩・・・・いやカミさん?なのかも知れないなぁ。

文旦なんてものは10年ほど前までまったく知らなかった吾輩なのだ。それまでザボンと言う名前は聞いたことがあるが、ザボンが文旦と同じ物だなんて露ほども知らなかったし、見ても大きな夏みかん?ぐらいにしか思っていなかったのだから・・・・。

九州か四国に旅した時に始めて食した文旦。今は春の風物として我が家には欠かせないものになった。果肉に水分が少ないから食べやすく、独特の甘みと風味があるのが良くて、最近ずっと毎年2箱注文している。

今年もいっぱい食べられるかと期待していたら、娘のところへ1箱やると言う。「何で?何で?何でぇ?」とカミさんを問い詰めたら、「娘が酸っぱい物を欲しがっている!」からなんだと・・・・。!?。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ