Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2009年11月

法要で埼玉に・・・・

jpg

昨年11月に亡くなった甥(享年30歳)の一周忌法要に出席するため埼玉県さいたま市に行って来た。

案内された会場は無量寺と言い浦和ICからほど近い場所にあるが、今回は我輩一人だけの出席なので車は止めて新幹線で出掛けた。あまり利用することのない電車の旅も速くて楽チンだから又楽しいものだ。

大宮で下車しJRを乗り換えて最寄り駅である東川口に着いた時は、仙台を出発してからまだ2時間も経っていなかったのでやはり電車にしたのは正解だった。

迎えに来た長兄の車で会場入りし1年ぶりに遺影と再会したら、「あれから1年経たったのかぁ・・・・」と時の流れの速さを再認識させられた。残された家族の今後の幸せを陰ながら願いたい。

午後2時から始まった一周忌法要は納骨の儀を含め2時間で終了した。同じ宗派でも所変わればいろいろ違うようで、法要の儀式も唱える念仏もまた塔婆の書き方も違うので少々違和感を覚えた。坊さんもここの住職ではない感じがしたし・・・・。

それでも、遺骨を納めるお墓が家族の手で建立されていてほっとした。今時の流行なのか『想い』の文字とともに花びらが彫刻された墓石に新鮮さと驚きを覚えた。また、法要だと言うから身内だけで済ますもの・・・・と思っていたら、生まれ育った横浜から多くの友人知人が集まりまるで葬儀のように盛大な一周忌だった事に戸惑いも・・・・。

法要終了後、しばらくぶりに長兄宅に一泊しご馳走になったのは言うまでもない。ごっつおぅさんでした。

造園施工管理士の資格は持っているが・・・・。

jpg田舎に出掛けた。

当初の目的は冬タイヤの交換だったが、着いたら庭木の剪定作業真っ盛りだった。隣家の千葉技研社長に前からお願いしていた作業が昨日から始まったらしい。

あまりたいした植木があるわけでもないが、一応数年に一度は手を掛けないと幽霊屋敷みたいになってしまうからどうしてもやらざるを得ない。

前回は専門の造園業者に依頼したが切り落とした枝葉類の後片付けが大変だったので、今回は地元のシルバー人材センターに依頼した。

利益追求は二の次で、趣味でやっている人の集まりみたいだから手間賃が安いのが魅力である。何より伐採材の片づけのみならずいろいろ考えて他の事もやってくれるのが助かるよ。

作業リーダーは区長でもある高橋〇〇さん。近くの同級生の後ろの家に住む6歳ぐらい年上の先輩らしいが、年代が違うせいかあまり記憶がない。

ところで我輩も造園施工管理士の資格を持っているのだ。本来ならこれくらいの庭ならお茶の子さいさい・・・・と出来るはずなのだが、何しろ実作業の経験がない上に30年以上前に取得した資格だからペーパードライバーみたいなものでしかなく、やはり餅は餅屋に任せるしかないのだ。

かと言ってこの資格を有効利用したいと思っても、今更この歳になって肉体労働に就くのも億劫だしやはり傍から見ているのが一番のようだな。ウン。

jpg・・・等と考え眺めていたら、ツツジやサツキを含めほとんどの樹木が栄養不足で枯れ死寸前だと指摘された。このままではせっかくの植木が駄目になると言う。

そう言えば、ここが空き家になってから10年を超えたが、改まって肥料を与えたことは一度もなかったなぁ。

来年春まで待たなくとも今すぐでも良いと言うから、今度出掛けた時は樹木の周囲にバーク堆肥でも撒布してくるか!。

プロ野球もシーズンオフ。来春まで寂しくなるなぁ。

楽天イーグルスの秋期キャンプが打ち上げられ、来春2月1日のキャンプインまで完全なオフシーズンに入ることになった。毎年の事とは言えまた退屈な長い夜が続くことになりそうだ。

来年はブラウン新監督を迎えた新体勢のもと今年以上の成績を期待する我々ファンからすれば、選手諸君が新しいシーズンに万全の体調で戻ってくる事を臨んでいる。

今年は2位と言う好成績でクライマックスシリーズに進出し、あわや日本シリーズ進出か?と、プレシーズンまで我々を楽しませてくれたが、ファンとしてはシーズンの最後の最後まで試合をしてくれと誰しも思ったはずだ。

4位以下で終ったチームは10月初旬にシーズンが終了してしまい、あとは何処のチームが戦っていても興味が無くなると思うから、来年は優勝はもちろんだがやはり最悪でもクライマックスに進出できる3位確保に全力を挙げてほしい。

しかし、しかしである。

昨年首位の西武ライオンズもドラフトで逸材の花巻東・菊池投手を獲得したりして戦力の充実を図っているし、ロッテだってオリックスだって底力が無いわけではないので、来年上位に入る可能性は5分5分でしかない。

だから、今年の弱点だった中継ぎ・押さえの投手力の補強、リーグ最下位のホームラン数つまり得点能力の低さ、左ピッチャー対策など・・・の改善を図らなければ優勝はおろか3位以内の確保さえ難しいと思われる。パ・リーグでの常勝軍団を目指すなら積極的なトレード、大物選手の獲得が必要不可欠なのだ。

監督・コーチの交替の他、相当数の選手が辞めたりトレードあるいは解雇される者が出てくるのはプロだから致し方ないが、それが「全てプラスになるとは限らない」と考える我輩でも戦力アップに繋がると思えば納得出来る。

今年最大の弱点だった抑え候補に大リーグ・ツインズのモリーヨ投手獲得の報があるが、ピッチャーは実際に投げてみないと分からないし、大リーグで通用しなければ日本でも通用するはずがないのでなんとも言えないよなぁ。167kmの超速球を投げる!とテレビで言っていたから大化けを期待したいけど・・・・。

あとは50本もホームランが期待できる長距離砲を獲得してくれれば・・・・。日本でも有数の金満家?だと思っている三木谷君のポケットマネーなら5億円ぐらい何とでもなるんじゃないかい?。42歳の山崎武が一番の(ホームラン)稼ぎ頭では先が思いやられるからねぇ。

明日(20日)はKスタで「何でも鑑定団」の公開収録があり、3,500名まで無料で入場できると言うから出掛けて見るかな。

玉ねぎを植えたぞ

88571f18.JPG

冬を越して来年収穫出来る最後の野菜として玉ねぎを植えて来た。

もっと他の野菜もあるのだが、葉物は虫が寄るからとカミさんが敬遠するし、収穫までほとんど手間が掛からないこともあり玉ねぎに決めた。

去年の失敗を教訓に栄養たっぷりの堆肥をたっぷり入れて改良した畑に、水はけを考慮し幅(90cm)も高さ(30cm)も大きく取った畝(うね)を作り、玉ねぎ専用の栽培シート(長さ10m)を敷いて苗床にした。

110本で630円の苗を2束、都合220本買って来て植えた。果たして来年収穫できるのはこの内何個なのか?。非常に楽しみだ。

去年は50本ほど植えた苗が、枯れたり害虫に根を食われたりして収穫できたのはほんの一握りでしかなかった。それも市販の物に比べると半分ほどの大きさしかない栄養失調気味の物が多く、食べられた物はほとんど皆無!だった。だから今度こそ大きく育った玉ねぎを見たいと願い丹精込めて?植えたつもりである。

かと言って畑作業は趣味の域を超えるようなものではないから、別に駄目だったら駄目でがっかりする事はしない。もともと雑草が繁茂して草取りばっかりやっていた畑を、ただ耕すだけでは勿体無いと始めた野菜作りなんだから失敗して当然、上手く行けばそれこそ御の字である。

まだまだ畑地が空いているのだから、来春はサツマイモとかを植えてみたいと思う。ジャガイモも・・・・。

特定保険指導を利用する羽目に・・・

先月受診した市の特定検診の結果を聞きに近くのクリニックに行った。

日頃から健康管理に配慮している我輩としては、昨年同様「正常」「所見なし」の判定結果を期待していたのに、「要指導」の項目が2つもあった事に少々がっかりした。自分ではウオーキングやボウリングで身体を動かしていたから、昨年よりはいい結果が出ると踏んでいたからだ。

メタボリックシンドローム判定は非該当だった。にも拘らず「要指導」の判定が下されたのは、BMI腹囲が基準値を(少しだけ?)超えていた為であって、これは若いときからずっと変わらない体型なんだからどうしようもなく、いつも指摘される項目なので・・・・。

大きな問題はもう一つの「要指導」の方である。血糖検査に於けるヘモグロビンA1cの値が5.4と基準値(5.1以下)を超えた事についての判定だ。このまま放置しておくと糖尿病になる恐れが十分にあると告げられたからびっくり・・・。

いろいろ体重オーバーとか食事の問題とかの要因があるようだが、糖尿病の予備軍にならないためにも早めに手をうつ必要を感じた。早速その場で動機付け支援用と書かれた特定保険指導利用書にサインしたのは言うまでもない。

1週間後の19日に指導を受ける予約を取ったので、現在は生活記録シートを記録しているところだ。貸与された歩数計を使い、起床時から就寝時までの歩数や晩酌やおやつ類の摂取について事細かく記録している。この記録を予約した医療機関に持参してそこで医者から保健指導をうける事になる。

加齢と共にいろいろ身体に不都合が出るのは致し方ないとしても、好き好んで病魔に身を委ねる事も無いのだから、悪い所が見つかったらすぐ行こう!。病院へ。

まだまだゴルフも魚釣りもボウリングもしたい我輩なのだ。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ