Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2009年09月

クライマックス出場万歳!ぜひ地元開催の2位を・・・・

497b992d.JPG

昨日は残念だった。

勝負だから勝ち負けがあるのは致し方ない事である。しかし、何かすっきりしない負け方に一ファンとしては歯がゆい思いを持った。

それだけ期待感を持って応援している証拠と言えば聞こえが良いが、肝心な時の詰めが甘い選手・監督に苛立ちさえ覚える虎キチ・・・ならぬワシキチの我輩は夜も満足に寝られなくなっている。

思えばこうしてCS(クライマックスシリーズ)にほぼ出場出来る状況になったのは監督・選手たちの努力の賜物であり、地元の仙台で開催できるかどうかの2位争いに一喜一憂する我々ファンは、ホントは監督・選手に感謝する事はあっても非難なんて到底出来無いことはわかっているのだが・・・・。

まぁそれがファン気質というものだろうか?。一応チームが今の立場にいるのも我々ファンの後押しがあってこそ・・・・と自負する者から見れば、ちゃんとしっかり期待に答えてほしいと思うのは当然だが、なにせ人間がやることだからあまり責められないしなぁ〜。

仙台のファンはみな優しいから監督や選手を中傷するようなのぼりや生卵をぶつけるような真似は絶対しないと思う。そう確信している。だから汲々と全力を出し切って最後の大決戦に立ち向かってほしいと願うのは我輩だけ?。

鯖、またまた大漁!。

CA390022釣りに出掛けた。

大漁だった!。

サバ・鯖が・・・・。

先日は20尾ほどだったので、今日はその倍以上の数釣りだった。



前回より小型とは言ってもこんなに数が多いと、どんなサバ料理を作ったら良いのか調理させられるカミさんはパニック状態だ。

釣ってきた当事者の我輩は魚を下ろすことも出来ないしやらないので、ここでカミさんの機嫌を損ねれば今後の釣り計画そのものの設計変更を余儀なくさせられる事を考えると、積極的に手伝うしか策がなかった。

その一つがサバ料理の定番・『しめ鯖』を作ることである。

釣りの帰りがけ、渡船の船頭から『しめ鯖』の簡単な作り方を教わったのでそれをカミさんに伝え、是非作ってみようと提案したのだが、サバの始末に苦慮していたカミさんには大きな助け舟になったようだ。

サバには寄生虫がいて刺身では食べられない事を知っていたので、我が家では『しめ鯖』さえ怖くて調理した事が無くいつもフライにする事が多かった。だから今回が初めての挑戦なのだ。

船頭から教えられた作り方は、?塩を降って1時間?酢に30分つける・・・・・ただこれだけでは内容に乏しいのでインターネットで調べた。塩の降り加減、漬け酢の配合、時間・・・・すべて目から鱗である。

カミさんがみりん干し用に開きを作っている間に、我輩が塩を掛けたり洗って水切りもやった。もちろん酢に漬けたり酢からあげたサバを冷蔵庫で寝かせたりも全部我輩がやった。血合い骨の引き抜きも・・・・。

そして夕食。『しめ鯖』の刺身がテーブルに上がった。おいしかった!。癖になりそうなのでまたサバを釣ってこようかなぁ〜っと。

二日酔いで頭が・・・・

0b6d144d.JPG

二日酔いで頭が痛い・・・・。

こんな症状になったのはここ数年皆無だったから、二日酔いがこんなにひどいと言うことを久しぶりに再確認した。

まぁ無茶したと言われれば返す言葉も無いが、昨日の娘の結婚式後にあった兄弟たちとの二次会で飲んだ酒に呑まれてしまったのがそもそもの原因である。新婦の父親として大役をこなした後の緊張感の緩みも一因だったかも・・・・。

若い頃は酒豪でならした?我輩でも、最近頓に酒の量が落ちていたからそれほどの量でなくとも簡単に飲み過ぎ状態に陥ったようだ。

二次会では大事な日の為に・・・・と確保していた幻の酒『森伊蔵』を3人で1本空けた。最後は全然味が分からなくなっていたから、「別に『森伊蔵』でなくとも良かった」と後悔するようではまだまだ修行が足りないのかな?。

それでも連休渋滞の中、横浜や埼玉から結婚式に出席下さったみんなには改めて御礼を言うよ。ありがとう。

で、皆さんは二日酔いじゃなかったの?。あんなに飲んだのに・・・・・。

下取りが30,000円!たった・・・・・。

jpg

長らく続いた自民党政治から民主党に政権交代したのを受け・・・・た訳でも無いが、我が家も無駄な経費を洗い出し見直す事にした。今の年金暮らしの生活ではとても無駄使いができないからである。

その槍玉に上がったのがマイカーの維持費である。

3,000ccの車(チェサー)と、家内名義の1,300ccの車(ヴィッツ)の2台所有しているが、使用するのはヴィッツだけで、チェーサーはほとんどお飾り状態になっている。たまにゴルフとか田舎にお袋を連れて行く場合にしか動かさないので、平均すると年間3,000kmぐらいしか走行しない。だから、10月に10年目を迎えると言うのに距離計はまだ31,000kmでしかない。大きい車はあればあったで重宝する場合も多いが、車検・任意保険・税金・重量税・・・・等、家内の車の分を合わせるとバカにならない金額になるので見直しも致し方ないのだ。

と言う訳で、車を1台にする事を家族会議で決定!。

車検や任意保険の期限など諸々の要件を考慮した結果、ヴィッツを下取りにして今流行のエコカー(プリウス)を購入し、納車後にチェサーをガリバーなどの買取専門会社に売る筋書きをたてた。

後は実行あるのみ!早速営業マンを自宅に呼んだ。

6年目のヴィッツは走行距離49,800km。1,300ccである。こまい傷は付いていても事故暦はなし。それが下取り査定の金額が30,000円なんだと!。たったの・・・・。思わず絶句する我輩とカミさん。

そのディラーから新車を購入するのは今回で4台目になる。その実績なども考慮してもらい最終的に80,000円+付属品のサービスに落着いたが、思っていた金額と程遠い査定に一時は新車購入を諦め乗り潰す覚悟のカミさん・・・・。それでも何とか説得し商談を成立させた。

売れすぎのプリウスは納車が来年6月頃になるようだ。だから補助金の助成(250,000円)が登録期限切れで該当しないのが残念だが、それでも取得税と重量税合わせると150,000円ほど浮く計算だ。

車を1台にする事で、いくら燃料費がかからないと言っても元を取るのは何年先になるのかな?。5年・・・いや10年以上?。その頃になれば免許返上しているかも知れないなぁ。

サバ、鯖、さば・・・・大漁だったぞ!。

0ca32bbf.JPG

サバ、イナダ、カンパチ、ソーダカツオ・・・・。こうした青物が釣れている事を聞き久しぶりに沖防に渡った。

前打ち釣りで有名な某釣り師が今日も黒鯛を狙っていたが、セミプロのような彼でもシーズン中に比べれば大物をゲットする機会が少なくなっているようだし、ましてフカセ釣りでは釣果が期待できそうも無い事を考れば、沖防に渡ったほとんどの釣り人たちが黒鯛より青物狙い!は当然なのかも・・・・。

我輩もご他聞に漏れず、好きなフカセ釣りを諦めカゴ釣りをしようと思っても不思議でも何でも無いのだ。

ただ、沖防ではジグばやりである。ジグ・・・と言ってもやったことがないから良く知らないが、ルアーの一種メタルジグでイナダやカンパチを狙い釣果が上がっているのだと言う。サバはサビキで狙うのが一般的らしい。

我輩はカゴ釣り仕掛けだから一応イナダやカンパチも対象魚としているが、このあたりで言うところのウキサビキ仕掛けと同じようなものだから、やっぱり最後はサバ?・・・・と思っていたらやはりサバしか釣れなかった。

半日で、35cmから40cmのサバ(ごまマサバ)を20尾ほど釣り上げ、その内イナダは1尾だけである。イナダはまだ時期的に小型が多いそうでサバより小さくては刺身にもならず!。う〜ん残念!。

40cmのサバが一度に2尾も掛かると3号のカゴ専用ロッドでも大きく曲がるから、太公望にしか分からぬ魚を釣っていると言う実感がある。その事だけでどんどん釣ってしまう事になるわけだが、調理をさせられるカミさんにしてみれば「そんなに釣ってこなくとも・・・・」と思っているのは当然だろうなぁ。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ