Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2008年10月

メタボリックシンドロームから脱却だ〜。

先日受診した健康診断の結果を聞きにカミさんと病院に行った。

そこで、腹囲が85cmを越えていればそれだけで『メタボリックシンドローム』と認識していた我輩の考えが間違っていた事を知った。どうもそれだけではその症候群と判定されるわけでないからだ。

そもそも『メタボリックシンドローム』とは内臓脂肪症候群の事で、「内臓脂肪型肥満」に「脂質異常」「高血圧」「高血糖」のうち2つ以上ある場合を言うらしい。

今回の検診結果では、中性脂肪が基準値(空腹時149以下)を下回り、HDLコレストールも41と基準値(40以上)をクリアした為か、診察した医師から「メタボリックシンドロームに非該当」との判定を受けたからである。

もともと腹囲85cmを超えている我輩は、中性脂肪の数値が高くHDLコレストールの数値も基準の数値に届かなかったし血糖検査(ヘモグロビンA1c)も高かったので、昨年の人間ドックでも完全な『メタボリックシンドローム』と診断されていた。

それだけに、「ウオーキング等の運動を含めた日頃の健康管理と節制がこの結果を生んだのだ!と今回の結果にはとても満足している我輩であるが、それに比して、カミさんは・・・※△×☆・・・。問題だ!。

コロナオータムフェスタ

cce0b608.jpg

新聞に入っていたチラシを見てコロナワールド仙台に行った。

今日から『わいわいオータムフェスタ』のイベントが開催され、期間中は温泉・カラオケ・シネマ・etc・・・破格の値段でのサービスが提供されるもので、中でもボウリングが安くプレーできると書いてあったからカミさんと出掛ける事にした。

コロナワールド内にある『コロナキャットボウル仙台』は我が家から距離にして1.5kmと、近くにある3軒のボウリング場では一番近くにあるのだがゲーム代が高い事で敬遠してきたボウリング場だ。設備が新しくてレーン数も30レーンと多いし自宅に近いことを考慮するとホントはホームレーンにしたいのだがいかんせんプレー代が高いのでは!致し方ない。

総合娯楽施設も最近の不景気でお客が減った?かどうかは想像の域を出ないが、周りのボウリング場に足並みを揃えて値下げの傾向が出始めたのはいい現象だと思っている。平日の12時から(18時まで?)3ゲームパック1,200円の企画もそのひとつなのだが、それでも我々庶民の感覚からすれば400円/Gは高いと思う。せめて200円/Gになれば毎日でも通う(ホントか!)のに・・・・。

そのボウリング場が、最大8ゲームプレーしても1,180円・・・・のサービスをやると言うのだから駆けつけない訳にはいかなかった。なにせ1ゲーム150円以下と貧乏性の我々にはうってつけの単価なのだ。

行った10:00頃は15分ほどの待ち時間があったが、昼頃には写真のように閑散になってしまった。平日とはいえ金曜日だからもっと混雑するのでは・・・と考えていたのに拍子抜けしてしまった我輩とカミさん・・・・でした。マナーの悪い若者のグループの隣でプレーさせられたのには閉口したが、8ゲームのプレーを十分堪能できたので満足、満足。

ちなみにこの企画は今日の24日だけ。時間は〜18:00までと、20:00〜25時まで。

じゃがポックル!ある所にはあるもんだ。

e6916275.JPG

先日、娘のフィアンセが北海道に行くと言うのでお土産をお願いした。と言っても我輩がお願いしたわけではなくカミさんなのだが・・・・。

そして数日。多分手に入らないことを予想していたから、「代替品で勘弁してください」の言葉を期待していたのに、なんとそのお土産を持参して来たではないか!。

先般、カミさん孝行の旅行期間中ずっと探し続けたのに、どこへ行っても売り切れて無かった幻のお土産・・・である。彼は空港でいとも簡単に手に入れたのだと言う。丁度箱から出す所に遭遇したらしく、一人3箱の制限付きで買えたらしい。ある所にはあるもんだなぁ。

まぁタイミングが良かったといえばそれまでだが、我々が旅行した所は観光地ばっかりで旅行客が半端じゃなかったから欲しい人も多かっただろうし、すぐに無くなるのは当たり前だったのかも知れない。

その品物は、実はじゃがポックルと言ってカルビー製菓(食品?)が北海道限定で販売しているジャガイモから作った諸侯品である。同じ加工品でもポテトチップスは薄い板状になっているが、このじゃがポックルは割り箸を細くしたようなポッキーのようなスティック状になっていて、確かに食べると美味いものだ。

まあ我輩はあまりこのような加工品は好みで無いから、以前近所に住む北海道の関係者からの頂き物として食べた時は、そんなに簡単に手に入らない貴重な物だとは知らなかったし、今こうして目の前にあるじゃがポックルを改めて眺めると「こんな物がねぇ〜」としか言葉が出てこないが・・・・・(いろんな意味で)。

カミさんが言うには、その北海道の方でも空港で並んで買ったのだとさ!。

防災訓練に参加

8526c301.jpg

年1度開催される町内会の防災訓練に参加した。

近未来に発生が予測される宮城県沖地震などの災害時に、地域住民が一体となって迅速な対応が出来るための訓練である。

我が家ではいつもカミさんが参加している行事であるが、今年は時間的な余裕がたっぷりある・・・・早く言えば暇〜な我輩が参加することになった。

これまでは、近所でも知っている人が少ないし、おばさんいやご婦人ばっかりの中に紛れるのが嫌いな内気な性格の我輩としては、それが嫌だからカミさんにお願いして来たのであるが、何もしないで家に居る理由もないので今回の参加になった。

近くの集合場所に行ったら、予想にたがわずご婦人の群れが、それも我輩より明らかに年上の女性ばっかりが・・・・(ウ〜ン残念!?)。班長もすべてご婦人のようで、男性人は我輩を含め3〜4人だけである。さらに予想されたことだが、集まった人数の中に知った人は一人だけしかいなかった。それも酒屋のおばあさんだけ・・・。

9時になり集合場所から指定避難場所の中学校まで行進し、会場の公園に向かったが時間を計ると約10分掛かった。後期高齢者?の方も多かったからこれくらい時間が掛かるのは当然なのかも。

町内会は1班から17班まであるが、参加者の総数は138名だった。一軒から一人ずつ参加したとしても138名では出席率が相当低い。我家が属する5班はわずか8名だけの参加者だ。それも家族で参加した幼児3名を含めて・・・。

消防署の関係者だけでも14人来てくれたと言うのに、地域住民とりわけ町内会の防災に対する意識の低さにがっかりした。

AEDの使用方法、三角巾の使い方を主に指導いただきおよそ2時間で今年の防災訓練が終わったが、来賓の市会議員のための集会?と疑問を持った一人では無かっただろうか。

カゴ釣りに挑戦!でも飛ばなかった。

初めてカゴ釣りなるモノに挑戦した。カゴ釣り?、手っ取り早く言えば投げ釣りとサビキ釣りを合わせた釣りである。100mを超える遠投により沖を回遊する青物をターゲットとする豪快な釣りなのだ。

黒鯛つりのシーズンも終ったし、この秋は別な釣法で戯れてみたいな・・・」との気持ちからいろいろと準備を重ねていたが、午後から暇な時間が出来たので出かけた。

試し釣り・・・・の要素があって、最初から釣果を期待する事はしなかった。だからあたりが無かったからといって全然がっかりしていない我輩だが、たかが投げ釣りと思っていた割りに全然遠投できなかった事が非常に残念だった。

長い間1.2号とか1.5号の竿を使ったフカセ釣りがメインの我輩でも、黒鯛釣りにのめりこむ前(大分昔の事だが・・・)は投げ釣りもやったことがある。だから、それ相当!?の飛距離を出せる自信は持っていたつもりなのに今日の結果には正直参ってしまった。

100mと言わずともせめて80mぐらいは楽勝・・・・と踏んでいた遠投が、50mも飛ばないのではもうがっかりなのだ。フカセ釣りでも(飛ばしウキにもよるが)50m以上飛ばす自信があると言うのに・・・・。

大きなウキと重いカゴを取り付けた仕掛けは確かに思うように飛ばせなかったが、どうも飛ばせない最大の要因は投球技術云々よりウキが一番のポイントだと実感している。今回購入した市販の発泡スチロール製ウキ(昼夜兼行型)ではもともと飛距離は望むべくも無かったのだ。

回遊魚は潮目付近を回遊すると言うし、最低80m遠投できないとそこまで届かないのでは釣りにならないので2時間ほどで試し釣りを終えた。むやみに投げても釣れないのは明らかだし・・・・。

ウキ・遠投カゴ・仕掛け・・・・すべてチョイスを繰り返しながら再挑戦したいと思う。そう!100m遠投に・・・・。

 

 

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ