Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2007年12月

良いお年をお迎え下さい。

今年は節目の還暦を迎え42年勤めた会社を退社する等、人生をドラマに例えれば「丁度エピローグに差し掛かった場面だな」と述懐している我輩でも、あと1日で2007年が終る事に対してさほどの思い入れは無い。時間は連続して流れているだけだから年が変わることも一つの区切りでしかないし、終わりがあれば始まりがある事を強く実感して新年を迎えたいと願っている程度である。

明日から1月3日までインターネット環境とは無縁の地へ行きそこで新年を迎える事になっている。これはもう恒例になっている年間行事だから仕方ない事だ。おふくろを連れて彼女の自宅(我輩の実家でもある)に向うのだが、入所している施設でも年末年始休暇に入ると職員が少なくなって、入浴などのサービスが手薄になる為帰省を進められている関係で止むを得ない事だと諦めている。これまで自宅で正月を迎えたのはここ9年間で1度だけだったから・・・・。

まぁ、カミさんと二人だけでTV(紅白歌合戦?)を見ながら食うものを食って(肥えながら!)年越しと新年を迎えるいつもの淋しいパターンに慣れているから、年が変わることにあまり感激が沸かないのは当然かも・・・。

と言う事で、来年1/4以降しかパソコンに触る事が無いので悪しからず。

我輩の稚拙なホームページにアクセスしてくれる皆さん!。良い年をお迎え下さい。

 

逃げたマグロは大きい!。解る!解りますとも・・・

先ほどまで大間のマグロ釣り番組を見ていた。

これまで数年に亘って放映されてきた番組だけに、マグロに賭ける男達の壮絶な死闘を見ていると、悲喜こもごものドラマに胸が打たれる。おなじみになった70歳になった老漁師とか、54歳の悲運の漁師?がとても身近に感じてしまい、いつも楽しみにしている番組である。

1本大きなマグロを釣り上げれば100万単位の収入になる筈が、根に潜られたりワイヤーハリスを切られて逃げられる映像を見ると、「大きかったのに、あぁ〜もったいない!」とつい思ってしまう。彼らは生活が掛かっている分とても残念だろうしやりきれないだろうから・・・・。

傍で見ている釣り好きの我輩も何回も取り逃がした経験をしているが、やはり確かに逃げた魚は大きい・・・・のである。間違いない。

明日の朝は天候が悪い予報が出ているが、今年最後の竿納めをして来るつもりだ。500円分の青イソメを購入してしまった事もあるし・・・・。

 

御用納め!我輩も大掃除と正月準備を・・・

12c265e8.JPG

今日は御用納めの日だ。今のわが身には関係ない事なのだが、明日から正月休みに入る多くの働く人々にとって、サラリーマンの冬休みとして待ちに待った楽しみな年間行事だと思う。正月と言ったって昔とはくらべようもないスタイルになっているのだから、そんな事よりまとまった休暇が取れる喜びに浸る人が殆どとも思えるが・・・・。それでも齷齪(あくせく)働く日本人には有意義なバカンスになるかな・・・。(短いけれど)

そんな訳で、我輩も今日が御用納めのつもりで久しぶりに遊び以外の仕事をやった。

一つは年賀状を書き上げる事である。書き上げると言ったって筆を使うわけでもなく、パソコンをちょちょいのちょいと動かすだけなのに、大分時間が掛かって結局100枚の年賀状を仕上げるのに半日以上も費やしてしまった。しばらく使っていないメインPCで印刷をするつもりがウイルスバスターのアップデートに不都合があり、その復旧に手間どったからだ。

ここ数年はなるべく手間と金をかけないよう、社内間の年賀状は出来るだけ社内メールで済ませていたのであるが退職したらやっぱり出さなきゃ・・・ねぇ。

それと大掃除をした。と言っても我輩の掃除分担は神棚周りだけで、1年間のすす払いと正月様の張替えが主な作業だった。ゴマを摺る訳じゃないがうちのカミさんが綺麗好きな者で・・・・その他の掃除は殆どとっくに終っていたようだから。えっへっへ!。(自虐的な笑い)

玄関とか倉庫などにも飾り付けを済ませ。後は新年が来る事を祈るだけである。

皆さんも良い年をお迎え下さい。

とうとう還暦を迎えてしまった!

否応なしにとうとう還暦を迎えてしまった。

昔風で言うと、数え61歳になったら還暦の祝いをするのが習わしらしいが、還暦とは「人が60歳になると再び生まれ年の干支にかえる事」を言うようだ。

いわゆる賀の祝いの一つなので、親戚や知己から赤い頭巾やちゃんちゃんこを祝いとして贈られ、客を招いて祝宴をするのが一般的らしい。しかし我輩を取り巻く環境下ではあまり「そんなの関係ない!」ようで、親戚知己には報告も連絡もしていないからちゃんちゃんこが届く事も無く祝杯を挙げる事も当然なし!。

個人的には「還暦を迎えた!」と喜ぶつもりは毛頭無い。だって、精神年齢はまだ40代と思っているし、都合が悪くなった時以外(?)はいつまでも青年でいたい我輩だから・・・・。


話し変わるが・・・・。元会社の同僚が亡くなった。奥さんからの喪中葉書きで知ったのであるが詳しい内容は全然解らない。12月21日に逝去したらしい。享年71歳だった様だが。まだ若いのに何故?としかいいようがないよ。

若い時から退職する4年ほど前まで、多くの現場で一緒に働いた先輩だったのに・・・・。ご冥福を祈りたい。

それにしても、会社を辞めたらこんな情報も届かなくなるなんて、ホントに情けないことだ。誰か教えてぇ〜な!まったく。

健康的な生活のせいで・・・・。

75d65a16.JPG

バスで仙台市中心部へ出かけた。以前勤めていた会社の近くにある内科クリニックへ行くのが目的だった。服用している薬がちょうど月末に無くなるので、正月に備え補給しておく為と最近の運動効果の採血結果を聞く為である。

その結果は果たして?・・・。やはり、さすがと言うべきか!、予想していたとは言え大分改善されていた事で思わずニンマリ。それもすべて良い方向にである!。

糖尿も尿酸値もすべて正常範囲内だし、メタボリック症候群に関係する中性脂肪も大分減っていた。γ−GTPなんか34だって!。あまり数値が小さくなって笑ってしまうなぁ。

自宅近くの医院に変更する事も考えられるが、大分前から通院しているこの医院には我輩のからだのデータが詳細に残っていて、安心して診療を任せられるメリットもあるから簡単に病院を替えるわけにはいかない。だからバス代をかけてでも月一度は訪れる事になってしまう。

出掛けたついでにやる事があるのもわざわざ出かける理由だ。その一つはずっと通い続けている床屋に行く事である。これまで行った事がない床屋、すなわち新規開拓の床屋へはなかなか行く勇気がない我輩だから、4,000円の調髪料は少し高いと思っていてもつい足が向いてしまう。

そして別の楽しみは、バスの待ち時間を利用してバス停近くのパチンコ屋に入って遊ぶ事である。いつもバス時間が過ぎてしまい、次のバス、また次・・・になるのが悪い癖になってしまっているが・・・・。結果がついてくればいくら遅くなっても良いんだけど、大体は悪い方向になるなぁ。(自笑)

今日は元になるまで挽回できなかったがそこそこに切り上げ?2時間も遅いバスで帰宅した。まぁ最近はたまにしか遊ばない事なので、我輩的には小遣い銭内で収まればと思っている・・・。

 

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ