Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2007年10月

最近思うことあれこれ・・・Part

〆鯑の衆議院テロ防止特別委員会で証人喚問された守屋武昌前防衛事務次官塩釜市出身だと聞き、少々驚いている。詳しい事はよく知らないが、防衛省の「天皇」と呼ばれた姿・顔かたちにしては、田舎くさい風貌をしていると思っていた我輩である。

それにしても、前回(2年ほど前)の国会における証人喚問も宮城県古川出身ヒューザー小島君だった筈で、もしそれが本当なら宮城県人としてとても恥ずかしい、いや情けないと思う。県民性が疑われそうだから・・・。

∨萋ウオーキングをしていると愛犬を散歩に連れ出す方々が結構いて、愛犬と飼い主の交流はとても微笑ましい光景に見える。ただ、その愛犬家達すべてが他の住民の迷惑を考えて散歩させているか?と問えばそれはNOだろう!。

それは犬の糞の処理に関する事である。

殆どの方が手に処理用のビニール袋等を持っていて「ちゃんと処理していますよ」とアピールしているようだが、だからと言って全部実行しているとは限らないと思うのは俺だけか?。

愛犬家の一部が手ぶらで散歩させているのと出会うと、「道路の真ん中に垂れ流しの糞・小便を踏んづける人間の立場に成って見ろ」と声を大にして叫びたくなる。クソっ・・・。

ちなみに我が家ではそれが出来ないから一度も犬は飼った事ないよ。   

ゴルフの話でもするか・・・・

退職前は年間10回程の回数しか出来なかった我輩のゴルフプレーであるが、今、と言うよりこれからは大分回数が増えると考えている。やろうと思えば平日でも土・日でもいつでもできる立場にあるからだ。

ただ、一人でゴルフ場に出向き、知らない方達の組に入れてもらってプレーが出来る程の腕も持ちあわせていないし、かと言ってわざわざそんなグループの中に入って疎外感?を味わう事も無いだろうと思う我輩だから、つい知っているメンバーを誘うあるいは誘われる機会を待つだけの状況になるのは仕方ない。

そんな誘惑を待つ間、ほぼ毎日のように練習に明け暮れる我輩である。しかし25年もやってこれしきの腕にしかならないのに、3日10日やったからって急に腕が上がるはずも無いのは百も承知しているが・・・(笑)。

年数だけは永年やっているから、身体に染み付いた動きだけでゴルフは出来ると自負している。しかし、それでもまっすぐ前に空振りしないで飛ばす事が出来るか?、ドライバーは曲がらないか?アイアンの距離感は?等など、その不安を払拭するための練習でしかないがね。

そして今日、その仲間からの誘いによるゴルフをして来た。ボールをヘッドスピード45km/sec以上対応のニューボール(IGNIO45)に替え、パターもピンパターからODESSEYに替え「いざ!出陣」のつもりで出かけたのだった。

結果は散々だった。

練習の成果がまったく発揮できず一人だけ蚊帳の外状態にされた。いや、自滅したと言うのが正解だが、ドライバーがまったくの不調ではそれも致し方なかったと総括するしかない。ドライバーが当たったのは出だしの1打目だけで、そのボールをカラスに持ち去られた事は弱り目に祟り目の序奏だったのかも知れないなぁ。

それによるショックが最後まで尾を引いたのは間違いない・・・と責任転嫁している我輩が、歳の割り?いや顔の割りに意外とデリケートに出来ている我輩のハートだなとやっと分かった・・・。

3日後にまた大きなコンペが控えている。カラスに盗られるような光るボールはもう止め、いつものアルタスニューイングに戻そうと思う。

又明日から練習再開だ!。ドライバーだけ・・・・の。

やっぱり駄目だったか!

先週中止になった山形県酒田港への釣行が、今週も駄目になった。予定していた明日は低気圧が発達し、雨模様になると予報が出たからである。

今から30年程前、丁度酒田の大火があった頃に3年近く酒田に住んでいた事があるので、向こうの天候(気候)は良く知っているつもりと自覚していた我輩だったが、いつ風が強く吹くとか低気圧が現れるとか自然現象まで分かるはず無い事なので、仕方ないと諦めるしかありません。

ただ、冬の厳しい日本海と違って、今の時期はまだまだべた凪の日があるはずなのに、天が味方してくれなかっただけの事ですかねぇ。それとも誰か仲間内に日頃の品行方正に問題、いや雨男とか・・・の人がいるのでは?(笑)。

火力発電所とか住軽アルミ(当時)の工場が出来る前は何にもない只の砂浜だったのに、今は防波堤があっちこっちに築造され、釣り師のメッカになっている様に聞いている酒田北港。

明日行く予定だった離岸堤など当時は存在していなかったので、渡船できる場所がある事自体初耳だった。もう少し早く知っていれば、この時期の当たり外れの多い天候に悩まされなくとも良かったのにぃ〜・・・・・。うぅっ〜残念。

週末の天気が心配だ!

先週の日曜日は、山形県酒田港へ釣りに出かける予定があいにくの天候で渡船が出来ない状況になり、中止になった。

黒鯛倶楽部の仲間からの誘いだっただけに非常に残念に思っていたら、そのリベンジでもないだろうが今週また出かける話が持ち上がった。毎日が日曜日の我輩はいつでも待機状態なので、再度の誘いについては異論が無かったが、日曜日は7:00スタートでゴルフが組み込まれていたので土曜日の釣行だったら参加出来る旨のメールを送った。

先々週は入れ食い状態らしい。真鯛、黒鯛、石鯛、鯵、ひらめ・・・・が、次から次と上がった(ホントか?)と聞いたので、ぜひ我々もその恩恵を得たいものだ。

ただ、これからの日本海は結構厳しい天候になる日が多いから心配している。せめて土曜日だけでも渡船できたら良いのだが・・・。我輩の場合!。

それでも深棚用の集魚材(日本海仕様)やオキアミ、付けエサ、それと1号(ホントは1.5号?)のウキなども購入して準備だけはしておいた。でも釣れるかどうか・・・じゃなくて、行けるかどうか分からないからクーラーボックスは用意しなかった(笑)。

神様、仏様、イエス様、是非土曜日の天気がすばらしいものになるようおねげぇしますだぁ〜。

骨折り損のくたびれ・・・・

日課のウオーキングを終えてすぐ登米市の田舎に向かった。田舎は一応我輩の実家でもあるがおふくろの財産になっている。その財産を管理する後見人の立場として時々しょっちゅう出かけるのである。

今回は先日刈り取った庭や畑の雑草の集積と焼却、そして片付けた後の畑の耕運が目的だった。

出発する前には無風状態だった天候が、途中から段々と風が強くなった。途中の有料道路電光盤にも「強風注意」の表示が出ていて、到着してからも風が止む事は無かった。いくら田舎でもこんな強風下では焼却する事が出来ないので断念し、次回に備え庭の一部に集積しておいた。

午後から畑を耕そうとミニトラクター(通称豆トラ)を引っ張り出した。すぐ何かを植えつけるためではなく、硬くなっている畑の土を柔らかくする事と再度生えてくる雑草の生育を押さえつけるために耕すのである。永年放って置いた畑地だから、耕作するためには多くの堆肥や有機肥料を入れてからになるが・・・・。

ところがいくらスターターの紐を引いてもエンジンが掛からない。チョークの取り扱いや、アクセルを引かないなどの基本的な操作には慣れている我輩であるがそれでも駄目だった。プラグを点検しても汚れや吸い込み過ぎの傾向は見られなかった。ただ、プラグから火花が飛ばないように感じたので多分エンジンのON、OFFのスイッチに関する電気系統のトラブルだと思った。

1時間半以上も悪戦苦闘した結果、エンジンを掛けるのをすっぱり諦めた。次回行った時近所で自動車修理工場を経営している同級生に電話して助けを求めたいと思ったからだ。

購入してから1年くらいしか経っていないし、TOTAL4時間も使用していない新品?同様の機械だと言うのにまったくだらしない奴だ。前回使用してから6ヶ月も放り投げていたからある程度エンジンが掛かるまでは少し時間が掛かるかなと思っていたけど、最後まで骨折り損のくたびれもうけでは・・・・・。

今日は疲れた!。

 

 

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ