Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

2006年08月

残暑厳しい東京!でした。

909ac529.jpg

昨日草加のホテルに宿泊し、ここを拠点に都内のパトロールに出かけるのは恒例のことではあるが、さすが関東、外に出るとむっとする暑さだ。今朝も、ホテルだと言うのに暑さで目が覚めたが、こんな事は仙台ではとても考えられない事なのだ。

いつものように、保護帽・安全帯・トラチョッキ・雨合羽などを詰めたリュックを背負い、東部伊勢崎線や東京メトロ、JRを乗り継いで大崎駅へ。午後から東京駅丸の内を廻って、夕方ホテルに戻ったわけだが、こんな東京ぼん太見たいな格好も何か様になって来た。(自負)

作業服にそのリュックを背負い、赤と白のYACOOの帽子(写真)を被って闊歩しても東京ではそんなに違和感ありません。もっとひどい格好をした若者が一杯いるので、いちいち気にしないんじゃないのかな。

まぁ自分の格好はともかく、お盆休み明けからずっと休みになっている社員がいると聞いてびっくりしている。早く言えば自宅待機?。関連会社の出向社員を使って、自社の社員を休ませるなんて尋常じゃないよな、まったく!。

 

出張に来た・・・けど。

もう秋風がさわやかに吹き出したこの頃だが、それは東北地方だけの話で、関東はまだまだなのかも知れない。まだ夏日が続きそうな気配である。

今日から3日間ほど関東地方への出張だ。お盆休みの影響がまだ残っているのか、時間差休日を取った人々が郷里から戻る為か、北から都心部に向かう高速道路の交通量は大分多く、途中での渋滞を心配したが何とか予定通りに到着した。

定例の関東地区安全パトロールだが、8月最後の週になったことで現場社員のみんなが呆けてなければ良いと思っている私だ・・・・・。何しろ8月は非通知でのパトロール実施期間なので・・・。

今年のような猛暑の中で、熱中症予防には全員が協力して予防に努めた結果、いつもより発症した作業員の数も少なかった。しかし、関東地方より東北地方で発症率が多かったのはどうしてだ?。結論は、慣れない暑さの性だとしか考えられないませんがね・・・・。

もちろん熱中症だけに気を取られているわけではないが、最近は現場での不安全行動とか不安全設備などは考えられない事なので、そんな事(熱中症)しか頭に浮かばない日々では、安全担当として一応ぐっすり眠れる日々を送っているとしか言いようがない。

そんな事を思いつつ、草加駅前で一杯やる事になった。静かな夜を迎えたかったのに、兄貴からの誘いの電話に乗ってしまった事を後悔・・・・ではなく、この後にとった自分の行動に後悔する事になる。ガガーン!。

もう寝る!。

 

だんご釣り、第2弾!

93e70624.jpg

昨日は大曲の全国花火競技会が開催されたが、行かなくなって3年目になる。テレビのハイビジョン中継放送でもその素晴らしさを実感できるので、行き帰りの苦痛を考えると・・・・・正解か?。お金も掛からないし・・・。

朝、その花火を観にでかける娘を送った帰りに、自宅近くのパチスロ店に入った。暫らくぶりのパチスロだが、なんとかプラスになり帰宅したら13時を過ぎていて、予定していた釣りに行く事を諦めた昨日だった。だから、本当なら癒しの休日になる筈の日曜日の釣行になった。先週もだけど・・・。

今日の釣りは強い南風の影響で、全然つまらない釣りだった。だんご釣りは風に弱いことを知った。糸ふけが取れないので、当たりのタイミングが取れないのだ。無理に糸ふけを取ろうとしても、だんごを近くに引っ張るだけだし・・・。

先週メバルを入れ食い状態で釣り上げたのに、今日は当たりがあっても全然針掛かりしない。黒鯛の(ような)当たりがあっても・・・である。

偶然、TOMEさんKenichiさんに釣り場でご一緒になった。フカセ釣りの二人とも風に苦労していたようだが、自分の庭みたいな所だから・・・・。

昼までの予定だったので食べ物も飲み物も不足し、そしてだんご釣りの材料が無くなった事で14時に納竿した。

明日から関東方面への出張だが、あちらはまだ残暑厳しいのかな?。

山形らしい蕎麦を食す

最近山形市内に行って、仕事関係で歩き回る沿線上で新規の蕎麦屋を探すのは大変な事である。駅周辺とか別な路線には、まだまだ行った事が無い蕎麦屋がいっぱいあるのだが、かと言って改めてそこへ行こうとは思わない。仕事中だから・・・・・。

今日は山形北IC方面から現場に向かう途中で、「蕎麦」の看板を見つけたので入った。丁度お昼時間なのか多くの客がやって来たが、自分みたいに蕎麦を注文するのはほとんど皆無だった。皆、冷やし味噌ラーメンとか冷やし○△ラーメンを注文するのだ。

山形の蕎麦屋は、蕎麦専門だけでなくラーメンも出す店が結構多いので、このような現象がある事は知っていたが、この店はラーメンの他にうどん・きしめん・ご飯類も出す店だから特別だったのかも知れない。

「板そば」900円を食べたが、これが山形蕎麦の原点だなと思える蕎麦だった。当然自分の食感だから異論も大勢あるだろうが・・・・。それはそれで、食い歩記を始めた頃より舌が肥えた自分には、太くて硬い田舎蕎麦もおいしく食べられたのである。

アナフィラキシーショック

盆休み明けすぐの作業を始めるため、足場を上っていた作業員がスズメバチに刺されたのは8月18日の事だった。

意識不明になり、救急車で運ばれたその作業員は、救急車が到着するまでに数分間の心肺停止があり、蘇生後脳症と診断されていたがやはり最終的な結果はアナフィラキシーショックによる脳死と判定された。

ハチに刺されることによる死亡例は、殆どがそのアナフィラキシーショックによる血圧の低下と上気道の浮腫による呼吸困難が原因らしいから、今回の当事者も極めて短時間(30分以内)に反応していることからその通りだろう。

アナフィラキシーショックとは、IgE抗体が関与するI型アレルギーによって引き起こされる即時型反応で、呼吸困難や血圧低下などの全身的な反応(アナフィラキシー)のうち生死に関わる重篤な症状をアナフィラキシーショックと呼ぶらしい。

ハチ刺傷により抗原となる物質(ハチ毒)が体内に取り込まれると、ハチ毒に対する特異的IgE抗体が作られ、体内で肥満細胞と結合する。2回目の刺傷によりハチ毒が再度体内に取り込まれると、肥満細胞の表面で抗原抗体反応がおこり、肥満細胞が活性化され、ヒスタミンなどの化学伝達物質が体内に放出され、身体の各臓器に作用してさまざまな症状を引き起こす事になるのだと書いてある。たかがハチとバカに出来ない怖い存在なのである。

かと言って、過去に刺されて抗体を持っている人が皆その症状になるかと言うとそうでもなく、約10%以下だと言われる。結局、運に左右されるのかも・・・。

自分も小学生のころスズメバチに刺されているので、もしかすると再度刺された場合はアナフィラキシーショックでお陀仏と言う事になりかねない。病院で簡単に検査出来るらしいので検査しておくかな。いや、蜂の巣がありそうな場所に近づかないのが無難かな?やっぱり。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent TrackBacks
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ