午後から八戸へ仕事で行く。およそ318kmの道程。遠い・・・・。
 
多分、雪が降ることはないと思っているが、記録的には、4月末か5月に入った時の降雪記録が残っているので安心できない。
 
このごろ車を運転していると、足腰が弱くなるのがひしひしと感じられ、釣りでテトラポットを飛び越えるのも命がけになって来たし、ゴルフのスコアが悪くなってきたのもそのせいだ。(多分)
 
だが・・・。車とは縁が切れないのである。
 
勿論電車の方が便利で速いし疲れないのは解る。料金も駅から駅だけとして考えれば確かに安いだろう。車は定員いっぱい乗車するなら兎も角、一人だけでは高速料金と燃料代だけで電車より高いのは当然だ。
 
しかし、私が向かう先は今日の八戸もそうだが、駅から遠く交通事情が良くないところにある現場が結構多いので、車があると非常に便利である。
さらに、現地のスタッフに送迎させたりする手間や、タクシー代などの無駄な経費が省ける事を考えると、どちらも一長一短だ。
 
でも、車を利用するホントの訳は、時間に左右されない行動が約束される事と、車に乗っている一人の時間を自由に満喫できることだろう。
 
確かにこれからの長距離運転は厳しいものになるが、昔のようにスピードを競う若さもないし、腰をかばいながら「ゴーイングマイウェイ」で行こう。