Mr.タックスのればたらブログ

真鯛釣りをメーンに、ボウリング・ゴルフ・LINEを通した友達作り勤しむアクティヴ爺さんで〜す。

体力は歳と共に去りぬ

今年も残り少なくなり、新年まで30日を切った。

そう言えば、今年は猪年つまり吾輩は歳男だった・・・・ような気がする。(笑)

まだ誕生日を迎えていないから12の倍数・・・・つまりまだ72歳になっていないが、年の暮れ近くには否応なく一つ歳を加える事になりそうだぞ。

72歳!。

ついこの前!古希を迎えたと思っていたのに、光陰矢の如し!あっという間の浦島太郎状態だ。

70歳まで働け!とか、年金受給は70歳からと言われる時代だから、老生のような老人がたくさん巷にあふれていて、総人口に占める老人の割合は40%近くにもなるとか・・・・。

ただ、我々が子供の頃に見た昔の年よりと違い、現代の多くの年よりは総じてみんな元気だ。

昔は男も女も60歳ぐらいになると、もうよぼよぼだった記憶があるんだがなぁ〜。

まぁ、歳に比べて5歳くらいは若いんじゃないか!・・・・・なんて自負していたのに、最近雲行きが怪しくなったと感じている。

気持ち的にはまだまだ若い吾輩なのに、70歳を超えたらあっちこっちガタが出て来たからだ。

そう、体力的な衰えが・・・・。

若い時、体力には自信があっただけに、最近の急激な体力の衰えに唖然としてしまう。

その最たるものは、颯爽と歩けなくなった事かなぁ。

いつの頃からか、膝痛が出るようになってウォーキングをやらなくなった事が一因だが、カミさんに後れを取るようでは何を況やだ。

身体のあっちこっちの筋肉がなくなったのか、先日数カ月ぶりにプレーしたゴルフでも顕著な衰えを感じた。

自慢だったドライバーの飛距離が、見るも無残なまでに落ち込んでしまったからだ。

体力は加齢とともに無くなるのは仕方ない!と諦めるのは容易いが、急激な落ち込みに戸惑っているのも確かなのだ。

町内会ゴルフのメンバーには84歳のプレーヤーがいて、78歳ぐらいの予備群も数名いるから吾輩なんてまだ鼻垂れ小僧みたいなものである。


せめて80歳ぐらいまでプレー出来たら・・・・と考えているけど、膝が痛いとか腰が痛いと言って整骨院へ行っているようでは先が思いやられそうだぞ。

来年は11月迄予約して貰わないと・・・・


003
by aspam 

最近、青森の釣仲間が陸奥湾での最後の真鯛釣りに出掛けたと言う。

もう、初雪便りが届くこの時期に、なんで真鯛釣りなんだ!。

それで、一人で20枚も釣った猛者もいて、船中軽く50枚越えしたとか・・・・。

うぅ〜くそッ!。(悔)

青森遠征はいつも10月中旬の『津軽んぴっく』を最後にシーズンを終えるのが常で、今シーズンは天候不順でそれさえも出掛けられなかったと言うのに・・・・・・・・。

だから、「何で?。今頃?、どうして?」の思いがとても強い。

まぁ、11月に釣れないわけではないと聞いてはいたが、今どき爆釣!!なんてとても信じられませ〜ん。

厳しい寒さと交通事情があって簡単に出掛けられない事情はあるとしても、それほどの釣果が期待できないのが一番だと思っていたからねぇ。

そう、つい先日までは・・・・。

ただ、温暖化によって海水温低下が遅くなっているのは事実だから、真鯛シーズンも11月にずれ込んで来たのかも知れないなぁ。

来年は遊漁船もブルーウッズ2に変更されると言うし、我が真鯛釣り史が大きな変革を遂げるシーズンになる事を期待してやまないよ。

もちろん、11月迄予約してもらう事が条件だが・・・・。

暇だから釣りに出掛けた・・・・、管理釣り場だったけど・・・・

11月に入って最初の連休となった4日、孫に誘われ釣りに出掛けた。

釣りと言っても、いつもの船釣りではなく管理釣り場での渓流釣りである。

釣りに行きたい・・・・」と小学3年生の孫が両親にリクエストを出し、吾輩が指導員名目で誘われた・・・・と言うところだ。

10月に予定していた青森真鯛遠征(津軽りんピック)が天候不順で中止になって、釣りに飢えていた吾輩が渡りに舟とばかり食いついたのは当然である。

やった事がない渓流釣りでも何とかなるだろうと思いを抱きながら、カミさんも一緒にミニバンに乗せられた。


場所は山形県境近くの渓流釣り場だった。

DSCN1975

DSC_0001_BURST20191104121041754

DSCN1974

DSCN1973

DSC_0011 (1)

DSCN1976

10:20の開始から12:50の終了までに、孫4匹、娘6匹、娘婿1匹、カミさん2匹、そして吾輩10匹!の合計23匹釣り上げた。

エサはイクラとブドウ虫。

まぁ、運さえよければ誰にでも釣れる・・・・とは思うけど、やはり腕の差が出たのは当然だろうなぁ。

釣果(数)は当然としても、ほとんどが針を呑みこまれて針外しに苦労していたみんなに比べ、すべて口元にがっちり針掛かりさせた吾輩との技術力の差が・・・・。

流石はじいじ!、むやみに釣りを趣味にしているわけでは無いようだな」と、少し吾輩を見る目が違った気がしたのは気のせいか?。

仕掛け(針)を取られた竿の修理をしなければ、もっと釣果は増えたと思うんだよなぁ。

ちなみに、針外し、道糸1.5号、針3号、カッター、針結び等の黒鯛用小道具を持って行ったのは正解だった。

釣りが終了後BBQで釣った魚や焼き肉を食し、久しぶりのアウトドアを楽しんだのは言うまでも無い。

玉ねぎを植えて来た

先週、別荘の畑に玉ねぎを植えて来た。

800個ぐらい植えられるかと思っていたが、結果的に600個ほどの植え付けになった。

ダメになった苗が結構あったからである。

何故かと言うと・・・・。

去年、定植する苗を購入しなくとも良いようにと、自宅内の畑「※しげちゃん農園」にカミさんが種を蒔いて苗から育てることになった。

だが、時期が遅かったせいで、いざ定植!と言う時期になってもあまり成長が良くなかった。

結局、半分くらいは購入した苗を植えたのだった。

そのことを反省し、今年は早めに種を蒔いたカミさん!。

しかし、あまりにも時期が早かった!!。(笑)

吾輩も、種まきをした事等なかったから無知だったとはいえ、9/3は流石に早かったようだ。

普通は9月中旬に種まきして、11月になってから定植するのがこの辺りでは一般的だとも・・・・。

天気に恵まれ気温も高かった事で順調に成長した我が家の玉ねぎの苗!。

10月中旬には箸とか鉛筆の太さに近づくほど成長していた。

DSCN1932

あまり大きくなりすぎたり早い時期に定植すると、春先にとうが立ってあまり実の入りが良くない玉ねぎになる為、台風19号が去った後、抜いて濡らした新聞紙に包んで保管した。

1週間〜10日間は大丈夫だろうと倉庫に保管していたのだが、枯れるのを心配して水分をやり過ぎたせいで一部葉っぱが腐ったりしてもう限界だった。

大雨の後で、畑も水分が多くて大変だったが、孫にも手伝って貰い何とか植えることが出来た。

DSC_0003

またまた大雨に

台風21号の通過と低気圧の影響で、東日本から東北地方は大雨に見舞われた。

台風15号、19号に続く大雨の追い打ちに、被災された方々の落胆の声がむなしい。

半日で10月ひと月分に相当する雨となった千葉県では、川の氾濫や土砂崩れなどで甚大な被害が出たようだ。

多くの同級生・知人が住んでいるだけに心配したが、LINEで連絡を取った限りでは無事が確認されたし家屋の被害も無かったと言うからまずは一安心である。

仙台も夕方から降り出した雨が夜中まで降り続き、避難情報4に該当する地区も出た。

我が家周辺はと言うと、いつも増水する北側の道路がわずか20cmだけの浸水で終わった。

新しい排水ポンプ場が機能したのか、雨が小降りになった夜中の22時頃には道路面が顔を出すほどだった。

強い雨が降った時間帯が短かった事や、大雨をもたらす雨雲が仙台南あたりから海側に去っていた事等で、先日の台風19号の時の大雨とは比較にならない降雨で終わったのは幸運と言える。

もともと、自分的には今回の大雨をあまり心配していなかった。

テレビとPCで一日中天気図とにらめっこしていたからである。

まさか、先日の二の舞には絶対ならないと思っていたのだ。

ただ、周りの声(天の声!)を無視できなくて、プリウスを高砂駅前の『たなばたけ』の駐車場へ避難させたけど、結果的には嬉しい誤算だったと思いたい。

まぁ、料金は12時間駐車させて550円だったから、万が一を考えれば良き投資だったのかも・・・・。

DSCN1955
新しく設置した給湯器を見ながら、「また水没したらどうしよう」と心配していたカミさんの顔に笑顔が戻ったのが嬉しいよ!。ジャンジャン・・・・っと。

明日は別荘の畑に玉ねぎを植えて来る予定だ。

降るだけ降ったようだから雨はもう沢山である。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
blogram投票ボタン
CMエリア
  • ライブドアブログ